【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?

  • 繰り返すぎっくり腰にコルセットは効果的?
  • コルセットをすると腰が楽なんだけど着け続けてもいいのかな?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

繰り返す「ぎっくり腰」の時はコルセットしてもいいのか?という質問に対しての私の答えは次の通りです。

 

繰り返すぎっくり腰でもコルセットは着けない方がいい。理由は、慢性的なぎっくり腰ではコルセットは根本改善になってないからです。結局、着けることが、症状を繰り返す原因にもなっているからです。

 

ということで、今回はぎっくり腰を繰り返す時は、「コルセット」をしてもいい?について解説していきます。

 

ぎっくり腰を何回か経験されている人であれば、「もうあんな激痛は起こしたくない」、「ぎっくり腰になると動けないので困る」、「コルセットを着けると腰が安定する」とコルセットに頼りたくなりますよね。

 

実は、私も慢性腰痛で、コルセットが手放せない時期がありました。詳しくは、プロフィールをご覧下さい。

 

しかし、今は全くコルセットをせず、不安なく過ごしています。

 

このページでは、なぜ、繰り返すぎっくり腰に、コツセットは、おすすめできないのか?について、慢性的にぎっくり腰にお悩みの人が少しでも、日常生活がよくなるように、私の腰痛経験も踏まえて、分かり易くい解説していきますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

>>>【急に腰が激痛】ぎっくり腰になったらどうしたらいい?(まとめ)

 

スポンサーリンク

【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?

 

繰り返すぎっくり腰でも、コルセットは、着けない方がいい。

 

理由は、慢性的なぎっくり腰ではコルセットは根本改善になっていないからです。結局、着けることが繰り返す原因にもなっているからです。

 

具体的には、ぎっくり腰を起こす原因の一つに、「背骨の柔軟性の低下」があります。

 

本来、背骨は柔軟性がありますが、運動不足や繰り返しの動作などにより、柔軟性が低下します。

 

すると、関節や周辺筋肉に負担がかかり、ぎっくり腰を起こします。

 

しらひげ先生
子供は背骨に柔軟性があり、ぎっくり腰を起こすことはほとんどないよね。

 

コルセットすることで、腰を固定し、腰骨の動きを止めてしまいます。

 

コルセットを着けて、繰り返し腰を固定した状態を作ることで、背骨の柔軟性を低下させ、ぎっくり腰を起こす原因になります。

 

あかり
でも、コルセットを着けると腰が楽だけど?
しらひげ先生
それは、腰を固定して動かないようにしているからだね。その分、他のところに負担がかかるからね。

 

なので、ぎっくり腰を繰り返す時でも、コルセットを着けるのは、おすすめしません。

 

コルセットの役割は?

 

ここでは、コルセットについて、次の2点について解説していきます。

 

  • コルセットの役割
  • コルセットのメリットデメリット

 

それぞれ、解説していきますね。

 

コルセットの役割

 

コルセットは、腰や膝など関節を固定し動きを制限する、サポートする役目があります。

 

なので、コルセットを着けるのは、骨折や手術後など、患部を動かしてはいけない時などが、本来のコルセットを着ける時にです。

 

コルセットは患部を回復、修復させるのに動かしてはいけない、負荷をかけてはいけない時に着けるもので、慢性状態の時に着けるのは、本来の目的ではないと考えます。

 

コルセットのメリットデメリット

 

コルセットのメリットデメリットは、次の通りです。

 

●メリット

  • 腰が安定する
  • 痛みが緩和する
  • 精神的に安心できる
  • 冬場は暖かい

 

●デメリット

  • 筋力低下
  • 圧迫感がある
  • 依存してしまう
  • 夏場は暑い

 

スポンサーリンク

ぎっくり腰を繰り返す:こんな時はコルセットしてもOK

 

次のような場合は、コルセットを着けてもOKです。

 

  • ぎっくり腰の初期
  • 依存しないように期間を決めて装着
  • 大掃除など特別な動きをするとき

 

それぞれ、解説していきますね。

 

ぎっくり腰の初期

 

ぎっくり腰の初期は、コルセットを着けてもOKです。

 

ぎっくり腰の初日〜3日頃までは炎症も強く、痛みが強く出やす時期です。

 

なので、炎症を収めることを優先し、腰は無理に動かさずに、コルセットで固定するのが効果的です。

 

しらひげ先生
動けるなら、コルセットをそいう着せずに、動いた方が、回復は早いので、状況を見てだよ。

 

関連記事

ぎっくり腰で歩くのもツラいけど、どのくらいで良くなるのだろう? いつから仕事をしてもいいのだろう?   今回は、こんなお悩みを解説していきます。   突然、激痛が走るぎっくり[…]

 

関連記事

ぎっくり腰になった時は、温めた方がいいのかな?冷やした方がいい? カイロは貼っていい? お風呂で温めてもいい? シップは貼っていい?   今回は、こんなお悩みを解決していきます。 […]

 

依存しないように期間を決めて装着

 

コルセットを装着する期間を決めて、着ける場合もOKです。

 

特にコルセットを着けると、依存して手放せない状態に、なることがあります。

 

なので、期間を決めて装着するのはOKです。

 

また、長年、コルセットを装着して手放せない人も、期間を決めて、徐々に外すように、していくといいでしょう。

 

大掃除など特別な動きをするとき

 

大掃除や引っ越しなど、いつもと違う動きで、腰に負担がかかりそうな時も、装着してOKです。

 

ただし、日常の掃除や片付けなどでは、できるだけ装着しないようにしましょう。

 

日常生活の動きで装着すると、結局は、依存してしまうからです。

 

【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?(まとめ)

 

今回は、ぎっくり腰を繰り返す時は、「コルセット」をしてもいい?について、解説してきました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

●【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?

  • 繰り返すぎっくり腰でも、コルセットは、着けない方がいい。

●コルセットの役割

  • 関節を固定し動きを制限する、サポートする役目

●コルセットのメリット

  • 腰が安定する
  • 痛みが緩和する
  • 精神的に安心できる
  • 冬場は暖かい

●デメリット

  • 筋力低下
  • 圧迫感がある
  • 依存してしまう
  • 夏場は暑い

●こんな時はコルセットしてもOK

  • ぎっくり腰の初期
  • 依存しないように期間を決めて装着
  • 大掃除など特別な動きをするとき