【急に腰が激痛】ぎっくり腰になったらどうしたらいい?(まとめ)

  • 突然、腰が痛くなって動けなくなった。どうしたらいい?
  • ぎっくり腰の原因は?
  • どれぐらいで仕事ができる?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

突然、腰に激痛が走り、一瞬にして動けなくなる「ぎっくり腰」。

 

歩くのもツラい激痛はいつまで続くのだろう?自分でできる対処法は?温めた方がいい?冷やした方がいい?と、どうしたらいいのか分からないですよね。

 

痛みの強いぎっくり腰ですが、実は改善の方法はシンプルで、痛みが強い初期は安静と冷却、数日して症状が落ち着いたら、徐々に身体を動かしていく。

 

一見単純そうに見えますが、20年以上の施術経験から、いろいろと手を加えるよりも、シンプルに対処する方が効果的と感じています。

 

そこで、このページでは、「ぎっくり腰になったらどうしたらいいのか?」について、原因、対処法、治るまでの期間など、まるッとまとめて解説します。

 

もし、ぎっくり腰になっても冷静に対処できるように、分かりやすく解説していきますので、是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

  1. 突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?
  2. 【ぎっくり腰】温める?冷やす?(結論は「冷却」がおすすめ)
  3. 歩くのもツラい【ぎっくり腰】はどのくらいの期間で良くなる?
  4. 質問:【ぎっくり腰】になったら「揉んでも」いいの?
  5. 【軽いぎっくり腰の対処法】簡単にできる運動を紹介
  6. 【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?
  7. 【ぎっくり腰の時の寝方】腰の痛みを軽減する方法を解説
  8. 【産後】の「腰痛」や「ぎっくり腰」を起こす原因と予防法

 

スポンサーリンク

突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?

 

突然、激痛が襲いかかるぎっくり腰の原因は、次の通りです。

 

●ぎっくり腰の原因

  • 腰の筋肉の凝り
  • 背骨の柔軟性の低下
  • 運動不足
  • その他

 

ぎっくり腰は突然、起こりますが、原因としては、生活習慣の積み重ねが大きく関係します。

 

ぎっくり腰の原因について、さらに詳しく知りたい方は、「突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?」の記事をご覧ください。

 

【ぎっくり腰】温める?冷やす?(結論は「冷却」がおすすめ)

 

ぎっくり腰になったら、「温めた方がいいのか?」、「冷やした方がいいのか?」と迷いますよね。

 

●結論

ぎっくり腰のときは「冷却」するようにしましょう。理由は、急性の炎症だからです。温めるのは、症状が落ち着いてきた後半になってからにしましょう。

 

ぎっくり腰の時は、温めるのか?冷やすのか?について、さらに詳しく知りたい方は、「【ぎっくり腰】温める?冷やす?(結論は「冷却」がおすすめ)」の記事をご覧ください。

 

歩くのもツラい【ぎっくり腰】はどのくらいの期間で良くなる?

 

ぎっくり腰を起こすと、「この激痛はいつまで続くのだろう?」と不安になりますよね。

 

激痛で動けないのは、3日ほどで、その後は、徐々に回復してきます。

 

ぎっくり腰は、どれぐらいの期間で良くなるのかについて、さらに詳しく知りたい方は、「歩くのもツラい【ぎっくり腰】はどのくらいの期間で良くなる?」の記事をご覧ください。

 

質問:【ぎっくり腰】になったら「揉んでも」いいの?

 

ぎっくり腰の痛みを少しでも、改善するのに、揉んでもいいのかと思いますよね。

 

ぎっくり腰の時に揉んでもいいですが、いくつか注意しないといけないことがあります。

 

●ぎっくり腰で揉んでもいい場合

  • 腰のやや上の方の痛み
  • 明らかに腰の「凝り」が痛い
  • ある程度、動けている状態

●ぎっくり腰を揉む時の注意点

  • 強く揉まない
  • ぎっくり腰を起こして直ぐはNG
  • 揉むことが根本改善ではないことは心しておく

 

揉むことは、根本改善にならないけど、ぎっくり腰を改善する、切っ掛けを作ることができます。

 

ぎっくり腰になったら「揉んでも」いいの?について、さらに詳しく知りたい方は、質問:【ぎっくり腰】になったら「揉んでも」いいの?の記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

【軽いぎっくり腰の対処法】簡単にできる運動を紹介

 

ぎっくり腰を起こすと、少し動くもの激痛ですが、症状が少し落ち着いたら、動かすように、していきましょう。

 

ある研究では、ぎっくり腰は安静よりも動かした方が、回復が早いという研究結果もあります。

 

ぎっくり腰の時に簡単にできる運動について、さらに詳しく知りたい方は、「【軽いぎっくり腰の対処法】簡単にできる運動を紹介の記事をご覧ください。

 

【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?

 

繰り返す「ぎっくり腰」の時は、コルセットしてもいいのか?、という質問に対しての私の答えは、次の通りです。

 

繰り返すぎっくり腰でもコルセットは着けない方がいい。理由は、慢性的なぎっくり腰ではコルセットは根本改善になってないからです。結局、着けることが、症状を繰り返す原因にもなっているからです。

 

ぎっくり腰の時のコルセットについて、さらに詳しく知りたい方は、「【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?」の記事をご覧ください。

 

【ぎっくり腰の時の寝方】腰の痛みを軽減する方法を解説

 

ぎっくり腰で、寝返りをするのも辛い時は、脚の下にタオルを入れたり、抱き枕を使ったり、背中にタオルを入れたりするなど、少し工夫することで、痛みを緩和することができます。

 

ぎっくり腰の時に寝方について、さらに詳しく知りたい方は、「【ぎっくり腰の時の寝方】腰の痛みを軽減する方法を解説」の記事をご覧ください。

 

【産後】の「腰痛」や「ぎっくり腰」を起こす原因と予防法

 

「出産してから腰痛もちになった」、「子供を抱っこするとぎっくり腰になりそうになる」、「産後の腰痛は放っていても治るのかな?」

 

こんなことで、悩んでいませんか?

 

産後に腰痛やぎっくり腰を繰り返す原因は、次の通りです。

 

●産後に腰痛が起きる原因

  • 出産で骨盤を支えるじん帯が伸びて骨盤がグラグラ
  • 産後ホルモンの影響
  • 授乳、おむつ交換時の座り方

 

さらに詳しく知りたい方は、【産後】の「腰痛」や「ぎっくり腰」を起こす原因と予防法の記事をご覧ください。

 

【急に腰が激痛】ぎっくり腰になったらどうしたらいい?(まとめ)

 

今回は、ぎっくり腰になったらどうしたらいい?について解説してきました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

  1. 突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?
  2. 【ぎっくり腰】温める?冷やす?(結論は「冷却」がおすすめ)
  3. 歩くのもツラい【ぎっくり腰】はどのくらいの期間で良くなる?
  4. 質問:【ぎっくり腰】になったら「揉んでも」いいの?
  5. 【軽いぎっくり腰の対処法】簡単にできる運動を紹介
  6. 【ぎっくり腰】を繰り返す時は「コルセット」をしてもいい?
  7. 【ぎっくり腰の時の寝方】腰の痛みを軽減する方法を解説
  8. 【産後】の「腰痛」や「ぎっくり腰」を起こす原因と予防法