股関節痛

妊婦さんの腰痛や恥骨痛にはさらしがおすすめな理由。簡単なさらしの巻き方も解説

妊娠も中期になり少しずつお腹も目立ち始め、最近では腰痛や恥骨の痛みを感じはじめたわ。

妊娠中はさらしを巻いた方がいいと聞くけどどうやって巻いたらいいのか?

コルセットタイプとさらしとどちらがいいの?

このページではこんなお悩みを解説していきます。

 

あかり
さらしを巻くのって難しくない?
しらひげ先生
少し手間はかかるけど骨盤をしっかりと安定させるにはさらしの方がおすすめだよ。

 

 

✅本記事の内容

  • 妊婦さんが腰痛や恥骨が痛くなる理由
  • 妊婦さんのさらしの巻き方を分かりやすく解説
  • 妊娠中の骨盤サポーター、コルセットタイプと腹巻きタイプの比較

 

なぜ、妊婦さんは腰痛や恥骨痛になる?

それは骨盤に負担がかかるからです。

子供が大きくなるにつれてお腹が前に出て腰が反った姿勢になります。

 

本来、身体は骨盤で支えているのですがお腹が前に出て反った状態だと、

腰で支えていることになり腰にものすごく大きな負担がかかります。

 

また子供が大きくなるにつれて骨盤のスペースを広げなければいけません。

そのため妊娠中は出産に向けて骨盤周辺のじんたいが緩むホルモンが出るので骨盤がぐらぐらの状態になります。

すると、腰痛や恥骨痛を起こす原因になります。

 

簡単なさらしの巻き方

さらしを用意しよう

普段あまり見かけないさらしはネット、薬局、ベビー用品店などで購入できます。

 

さらしを半分にする

購入したさらしは10Mなので半分(5M)に切ります。

 

10Mのままだと長くて巻くのも大変ですし、巻いたあともものすごく厚みがでて動きにくくなります。

 

洗濯する

購入時はノリがついていて巻くときにすべりやすいので一度、洗濯するほうが使いやすいです。

洗濯機でそのまま洗ってOKです。

私は洗濯ネットに入れて洗います。

干すときはシワを伸ばしながら干しておくとロールに巻くときに便利です。

 

半分に折ってロールにする

半分に切って洗濯したさらしを次は縦に半分に折ってロール状に巻きます。

巻くときは誰かに持ってもらい、軽く引っ張りながら巻くと巻きやすいです。

また次のステップで身体に巻く時にロールが硬めだと巻きやすいです。

 

 

 

直接、素肌に巻く

服や下着の上からだと安定性に欠けるので直接、素肌に巻く方をおすすめします。

素肌が苦手な方は下着の上からでもOKです。

 

骨盤を支えるように巻く

戌の日の腹帯のようにお腹に巻くのではなくて、骨盤を安定させるため支えるように巻きます。

 

締め過ぎない

さらしを巻くときは引っ張りながら締め付けて巻くのではなくて、転がすように巻くのがコツです。

巻き終えたときにコルセットのように締め付け感があるのではなくて、心地よく支えられている感じです。

 

 

コルセットタイプや腹巻タイプと比較

コルセットタイプの特徴

コルセットタイプの特徴は手軽に着けれるのととても安定感があります。

デメリットは締め付けが苦手な方はとても窮屈です。

 

妊娠後期になってくるとサイズが合わなくなる方もあります。

また最近は通気性に優れたものが多いですが季節によってはムレたりします。

 

腹巻タイプの特徴

腹巻タイプの特徴は着けてもかさばらず、着け外しも簡単でとても便利です。

デメリットは安定性に欠けます。

保温などには向いていますが骨盤を安定させるには不向きです。

 

産後も活用できる

自家骨盤矯正

出産後も2〜3ヶ月は骨盤が不安定です。

その間もさらしを巻くことで骨盤の回復を手助けしてくれます。

また、巻いてウオーキングをすることで骨盤の正しい動きを作り出してくれるので自分で産後の骨盤矯正ができます。

 

骨盤ダイエット

下腹の肉やお尻のたるみが気になる方もさらしを巻いてウオーキングすることで、

骨盤の動きを出してくれるので骨盤ダイエットになります。

気になる方は是非、やってみてください。

 

おんぶ紐

今は抱っこ紐が主流ですがおんぶもおすすめです。

前抱っこは腰への負担が大きく腰痛やヘルニアの原因になったりもします。

さらしを紐のようにしておんぶして大人と同じ高さの景色を見せて上げるのもいいでしょう。

 

さらしは正直、手間がかかる

さらしの一番の難点は巻くのに手間がかかるところです。

身体に巻くのもロールを作るのもとても手間です。

 

しかし、しっかりと骨盤を支えてくれて、ムレにくく、心地いい締め付け具合で、産後も幅広く支えて便利です。

 

今の時代、便利なモノがたくさんあります。

また、つぎつぎ進化をして便利になって行く中で昔はから変わらず使い続けられているモノあります。

 

それは便利性よりも実用性が高いからなのでしょう。

 

まとめ

さらしを巻くポイントは半分に切って、縦半分に折ってロールにする。

素肌に骨盤を支えるように締め付けるのではなく転がしながら巻く。

 

コルセットタイプや腹巻タイプに比べると手間がかかるが骨盤の安定性には適しています。

また産後もさまざまな使い道があります。

 

妊娠出産はとても身体に負担がかかります。

産前産後と幅広く使えるさらしをぜひ活用してみてください。

 

ひげブログ

キューズベリーの抱っこ紐を使った感想(6つのおすすめ理由)について知りたい方はいますか?本記事ではキューズベリーの抱っこ…

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから