突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?

  • 朝、起きたら腰が痛くて動けない。
  • 靴を履こうとしたら「ギック」とやってしまった。
  • ぎっくり腰の原因は何だろう?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

突然、激痛が襲いかかるぎっくり腰の原因は、次の通りです。

 

●ぎっくり腰の原因

  • 腰の筋肉の凝り
  • 背骨の柔軟性の低下
  • 運動不足
  • その他

 

ということで、今回は突然、腰の痛みが来る、「ぎっくり腰」の原因について、解説していきます。

 

ぎっくり腰は突如、急に腰の痛みが起こりますが、原因はあります。

 

また、同じ意味合いの原因でも、言葉や捉え方が違うと、別の原因と捉えてしまいがちです。

 

なので、1点で捉えるのではなく、さまざまな要因を結び付けながら、分かりやすく解説していきますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

>>>【急に腰が激痛】ぎっくり腰になったらどうしたらいい?(まとめ)

 

スポンサーリンク

突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因は?

ぎっくり腰を起こす原因は、次の通りです。
  • 腰の筋肉の凝り
  • 背骨の柔軟性の低下
  • 運動不足
  • その他

 

それぞれ、解説しますね。

 

腰の筋肉の凝り

 

原因の一つ目は、「筋肉の凝り」です。

 

これは、中腰姿勢や、繰り返しの動作をする方に、起きやすい原因です。

 

筋肉の一部分に集中的に負担がかかり、筋肉が硬くなり痛みを、起こします。

 

この場合、「硬くなった筋肉をほぐす」と同時に、一部分に集中的に負担がかからない身、体の使いたを覚えたり、一部分に集中的に負担がかかっても、耐えれる身体造りをすることが重要です。

 

背骨の柔軟性の低下

 

原因の一つ目は、「背骨の柔軟性の低下」です。

 

これは、デスクワークや、長時間の同じ姿勢をする方に、起きやすい原因です。

 

背骨は本来、柔軟性があり、しなる状態なのですが、動かさないことで、柔軟性が低下し、背骨の動きが悪くなります。

 

状態としては、立って後ろに、反り返えれない状態です。

 

しらひげ先生
背骨が動いていないと、骨盤の関節も同じように動いていないよね。

 

このような状態では、ちょっとした動きでも、腰に負担がかかり、痛みを起こす原因になります。

 

しらひげ先生
コルセットを着ける続けている人もだね。

 

関連記事

繰り返すぎっくり腰にコルセットは効果的? コルセットをすると腰が楽なんだけど着け続けてもいいのかな?   今回は、こんなお悩みを解決していきます。   繰り返す「ぎっくり腰」[…]

 

運動不足

 

原因の三つ目は、「運動不足」です。

 

あかり
運動不足と言っても、範囲が広く漠然として分からない。
しらひげ先生
例えば、子供だと週に3回は体育の時間があって、外でも遊ぶよね。
しらひげ先生
大人であれば、40〜50分のウォーキングを、週に3〜4回を継続的にしているとかも、目安になりそうかな。

 

あかり
通勤や買い物でよく歩くけど。
しらひげ先生
運動のポイントは、「運動として動きている」ってところだね。

 

運動不足になると、背骨の柔軟性の低下も起きるし、筋肉や体力も低下し、負担のかかりやすい身体になります。

 

スポンサーリンク

その他

 

ここまで代表的な原因について解説してきましが、その他にもさまざまなことが、原因になります。

 

  • 長年の癖
  • 作業環境
  • 寝具
  • 妊娠出産
  • フィジカルの強さ
  • 過去の怪我
  • 加齢
  • 運動歴
  • 長期の臥床

 

など、たくさんあります。

 

また、上記の複数のMIXにより、ぎっくり腰を起こすこともあります。

 

突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因とは?(まとめ)

 

今回は、突然、腰の痛みが来る【ぎっくり腰】の原因について、解説してきました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

●ぎっくり腰の原因

  • 腰の筋肉の凝り
  • 背骨の柔軟性の低下
  • 運動不足
  • その他