ジリジリとしびれる【坐骨神経痛】の原因と特徴を解説

  • お尻から足にかけてのシビレがツラい。
  • 坐骨神経痛の原因っていったい何?

 

しらひげ先生
こんにちは、しらひげです。
大阪市城東区 しらひげ鍼灸整骨院

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

●結論

坐骨神経痛を起こす原因は、「腰」で神経を刺激している、「お尻」で神経を刺激しているの2つに大きく分かれます。

さらに、「腰」で神経を刺激している場合は、椎間板ヘルニア、狭窄症、すべり症、分離症などが原因になってきます。

 

と言うことで、今回は坐骨神経痛の原因について解説していきます。

 

一言で坐骨神経痛といっても、原因はさまざまです。

 

原因が違えば、対処法や気をつけることも、変わります。

 

坐骨神経痛でお悩みの方が、今の症状が何からきているか把握できるように、整体歴20年の私が分かりやすく解説していきますねので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎人気記事:【ぎっくり腰】になったらどうしたらいい?(まとめ)

 

坐骨神経痛の原因と特徴

 

坐骨神経痛の原因は、次のようなものがあります。

 

●坐骨神経痛の原因

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 分離症
  • 分離すべり症
  • お尻の筋肉の張り

 

それぞれ、解説します。

 

①椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアとは、「椎間板」というクッションが破れて、中の綿が飛び出て、腰で神経を刺激している状態です。

 

具体的には、背骨には骨と骨の間に、クッションの役割をする、椎間板があります。

 

「繰り返しの動作」や「大きな負担が蓄積」し、椎間板に裂けると、椎間板の中に入っている、ゼリーのようなものが飛び出て、神経を刺激して症状を起こします。

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアの特徴

 

椎間板ヘルニアの特徴は、次の通りです。

 

●椎間板ヘルニアの特徴

  • 上向きで寝て、症状がある方の脚を45°ほど上げてキープすると、しびれが強くなる。
  • 若い世代に多い(50歳ぐらいまで)。
  • 四六時中しびれている。
  • 腰は痛くない

 

あかり
どうして、若い世代なの?
しらひげ先生
年齢がいくと、椎間板の水分が減って、硬くなるので、飛び出にくくなるんだよ。

 

あかり
お肌の張りと一緒だね。

 

しらひげ先生
その通り。年齢とともに身体の水分が減るんだよね。

 

しらひげ先生
ただし、50歳を過ぎても椎間板ヘルニアになることもあるし、若いときにヘルニアになっていたものが、後から出てくることもあるからね。

 

②脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

 

脊柱管狭窄症は、背中にある脊柱管という、神経が通る「管」の中が狭くなり、神経を刺激している状態です。

 

具体的には、「前かがみ姿勢」、「長時間の同じ姿勢」、「仙骨座り」など、長年にかけて、繰り返し「腰」に負担がかかると、身体は負担がかかっている部分を、丈夫にしようとします。

 

すると、カルシュウムなど、さまざまな栄養素を集めて、負担がかかっている場所を、「太く」・「丈夫」にしていきます。

 

その結果、脊柱管の中が狭くなり、神経を刺激する状態になります。

 

脊柱管狭窄症 原因

 

 

 

脊柱管狭さく症 狭さくする

 

 

脊柱管狭窄症の特徴

 

脊柱管狭窄症の特徴は、次の通りです。

 

●脊柱管狭窄症の特徴

  • 10分ほど歩くと、脚のしびれが強くなって歩けない。
  • 少し休むと、また歩ける。
  • 座っていたり、寝ているとしびれは出ない。
  • ねこ背
  • 50歳以降に多い
  • 五十肩も併発

 

あかり
今度は50歳以降なのね。ヘルニアの逆ね。

 

しらひげ先生
そうだね。長年にかけて、繰り返しの負担がかかることが大きよね。

 

 

しらひげ先生
デスクワーク、工場での前かがみでの作業、同じ姿勢が多い人はなりやすいよ。

 

 

③すべり症

 

すべり症とは、腰骨が前後にズレている状態です。

 

しらひげ先生
ズレていると言っても、脱臼ではないので間違えないようにね。

 

あかり
産後骨盤のところで、聞いた話ね。

 

しらひげ先生
そうだよ。「ズレる」と「ゆがむ」の違いね。

 

腰骨がズレる原因は、椎間板の変形、腰への繰り返しの負担(特に捻る動き)、ホルモンの影響などさまざまです。

 

腰骨がすべることで、神経を刺激して症状を起こします。

 

▶︎関連記事:【産後】は骨盤が「ゆがむ」と「ズレる」のどっちなんだろう?

 

すべり症の特徴

 

すべり症の特徴は、次の通りです。

 

●すべり症の特徴

  • 強い痛みやしびれを伴うことが多い。
  • 痛みが不規則に現れる
  • 若い世代に多い

 

あかり
すべっている骨をマッサージとかで押したら、さらにすべらない?

 

しらひげ先生
骨は少し押したりしたぐらいでは、動いたりしないよ。

 

しらひげ先生
ただし、強い症状があるなら、腰周辺をあまり強く、刺激いない方がいいよね。

 

④分離症

 

分離症は、腰骨に亀裂が入り、分離してしまった状態。

 

疲労骨折と言って、骨に繰り返し強い負担がかかることで、骨が耐えきれずに、骨折するケガがあります。

 

腰骨で疲労骨折を起こすと、分離症の原因になります。

 

分離症では、10〜18歳の身体の成長時に、クラブなど無理をして起こすことが多いです。

 

また、同じように、青年期に大きな転倒などで、起きることもあります。

 

分離症の特徴

 

分離症の特徴は、分かりにくいところです。

 

例えば、中学校のクラブで、バスケ部に入ったとします。

 

頑張って練習をすると、腰に痛みが出た。

 

しかし、これは「頑張って練習しているからだ」、「練習を休んだらレギュラーから外れる」と腰の異常に目が行きにくい。

 

また、実際の診断は整形外科でレントゲン検査を受けなければ、外からでは分かりにくい。

 

なので、分離症は青年時に発症していても、気が付かず、大人になってギックリ腰などで、腰のレントゲンを取ったときに、気が付くことが多い。

 

分離した骨は、時間が過ぎても元通りに治らないので、強い症状が続いたり、繰り返したりして、日常生活に支障をきたす場合は、手術も検討して行かないといけない。

 

⑤分離すべり症

 

分離すべり症は、上記の「すべり症」と「分離症」を、一緒に起こしている状態です。

 

原因も特徴も、「すべり症」と「分離症」を掛け合わせたもの。

 

⑥お尻の筋肉の張り

 

お尻の筋肉が硬くなり過ぎて、神経を刺激して症状を起こします。

 

病院の診断名では、「梨状筋症候群」と言われるものです。

 

座りっぱなし、たくさん歩くなどで、お尻の筋肉が、必要以上に硬くなると、症状を起こします。

 

お尻の筋肉の張り特徴

 

お尻の筋肉の張り特徴は、鍼やマッサージなどの筋肉にアプローチする施術や、生活習慣を変えると、比較的はやく、症状の軽減が見られます。

 

お尻から太ももの後ろにかけて、正座をした時のような、しびれが出るのが特徴で、痛みはほとんど伴わない。

 

朝一番の動き始めに、太ももの後ろが、引きちぎられるような激痛を起こす場合は、お尻の筋肉の張りにより神経を圧迫しているものではないので、区別しないといけない。

 

ジリジリとしびれる【坐骨神経痛】の原因と特徴を解説(まとめ)

 

今回は、坐骨神経痛の原因と特徴について、解説してきました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

●坐骨神経痛を起こす原因

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 分離症
  • 分離すべり症
  • お尻の筋肉の張り