股関節痛

デスクワークで腰痛にならないための座り方

こんにちは、しらひげです。

デスクワークで腰が痛くなるのは「座り方が悪いからだ」と言われますよね。

このページでは骨盤整体師目線での腰に負担がかからない座り方をお伝えしていきます。

 

腰に負担がかからない座り方

椅子と机の高さ

机と椅子って意外と合っていないことが多く、

特に高さ調整ができない椅子はNG

腰に負担をかけずに座るには

膝が90°に曲がる状態がベストなので

高さを調整できる椅子を選びましょう。

 

足裏を床に着ける

「地に足をつけて」ということばがありますが足裏は床につけましょう。

これらはNGです。

・つま先立ちになっている

・足を伸ばしてかかとだけ床についている

・椅子のキャスター部分に足を乗せている

・机の下の棒に足を乗せている

・椅子の上に足を乗せる

・足を組む

 

足裏を床につけることで、

背中の筋肉に力が入りやすくなる→正しい姿勢が保てる→腰痛予防

もし、足がつかないようであれば足台を入れるのもOKです。

 

骨盤を立てる

「骨盤を立てる」とは坐骨ですわっている感じです。

よくされているのが仙骨ですわっている状態です。

仙骨で座るのは腰も骨盤も悪くするのでNGです。

 

腰を反る

骨盤を立てることで少し腰が反った状態に

なることで腰ぼねのカーブをつくることができます。

このカーブがめちゃくちゃ重要です。

デスクワークで腰痛持ちの方はこのカーブが

背中側に曲がっていていわゆる

猫背の姿勢になっている方が多いです。

 

内股

内股にすることで骨盤を立てやすくなります。

正しい姿勢を保つポイントにもなります。

ガリ股→猫背

内股 →姿勢が伸びる

 

まとめ

デスクワークで腰痛にならないためには座り方が重要。

座るときのポイントは5つ。

・椅子と机の高さ ・・・膝が90°になるように椅子を調整する

・足裏を床に着ける ・・・背中の筋肉に力が入り正しい姿勢が保てる

・骨盤を立てる ・・・坐骨ですわる

・腰を反る ・・・腰ぼねのカーブをつくる

・内股 ・・・骨盤が立つ

 

一日の座っている時間が長いからこそ正しく座ることが大切です。

 

 

人気記事

 

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから