【ぎっくり腰】温める?冷やす?(結論は「冷却」がおすすめ)

  • ぎっくり腰になった時は、温めた方がいいのかな?冷やした方がいい?
  • カイロは貼っていい?
  • お風呂で温めてもいい?
  • シップは貼っていい?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

ぎっくり腰になったら、「温めた方がいいのか?」、「冷やした方がいいのか?」と迷いますよね。

 

●結論

ぎっくり腰のときは「冷却」するようにしましょう。理由は、急性の炎症だからです。温めるのは、症状が落ち着いてきた後半になってからにしましょう。

 

ということで、今回は、ぎっくり腰になった時は、温める?冷やす?について、解説していきます。

 

それでは、解説に入ります。

 

>>>【急に腰が激痛】ぎっくり腰になったらどうしたらいい?(まとめ)

 

スポンサーリンク

ぎっくり腰になったら温める?冷やす?

 

ぎっくり腰になった時の温め・冷やす問題は、次の順番で解説していきます。

 

  • ぎっくり腰のときは温める?冷やす?
  • 温めるメリットデメリット
  • 冷やすメリットデメリット
  • 冷却のやり方

 

それぞれ、解説していきます。

 

ぎっくり腰のときは温める?冷やす?

 

ぎっくり腰になった時は、「冷却」するようにしましょう。

 

理由は、ぎっくり腰は「急性の炎症」の炎症だからです。

 

具体的には、ぎっくり腰は、腰周辺の筋肉や関節に、無理がかかり炎症を起こし、大きな痛みを起こしています。

 

なので、ぎっくり腰のになった時は、「冷やす」ようにしましょう。

 

あかり
あれ?腰痛って「冷えて」なるんじゃないの?
しらひげ先生
いい質問だね。解説して行くね。

 

腰痛やぎっくり腰は、「冷やすと起こす」と言われたりします。

 

冷やすと腰痛になると言われる理由は、冷えると痛みを感じる神経が敏感になるからです。

 

確かに、温めると楽になるという方もいます。

 

温めると「気持ちいい」ですよね。

 

その気持ちいいの感覚を脳が「治る」と勘違いすると、「温める」=「治る」と勘違いしてしまいます。

 

ここで、質問です。

 

●質問

  • 真夏にぎっくり腰を起こすと温めるでしょうか?
  • 北国の人は、みんなぎっくり腰なのでしょうか?
  • 南国では、ぎっくり腰はないのでしょう?

 

もちろん、「冷やしたやこと」が間接的に原因になっているこもありますが、直接の原因ではありません。

 

少し意地悪な質問と思われたかも知れませんが、「冷やすこと」は悪者ではないとご理解いただけたら嬉しいです。

 

温めるメリットデメリット

 

温めるメリットは、次の通りです。

 

●メリット

  • 気持ちいい
  • 一時的に痛みや症状が緩和される

 

温めるデメリットは、次の通りです。

 

●デメリット

  • 炎症が強くなる
  • 細胞が痛む(皮膚が黒くなる)
  • 修復が遅くなる

 

冷やすメリットデメリット

 

冷やすメリットは、次の通りです。

 

●メリット

  • 炎症を抑える
  • 細胞を活性化する

 

冷やすデメリットは、次の通りです。

 

●デメリット

  • 冷たい
  • 冷却に慣れていない
  • 氷がたくさんいる

 

スポンサーリンク

冷却のやり方

 

冷却のやり方は、次の通りです。

 

  • 氷のうを使う
  • 腰のやや下(ウエスト部分)を冷却する
  • アイスノン(保冷剤)は使わない

 

それぞれ、解説していきます。

 

氷のうを使う

 

冷却は、氷のうもしくは、「ビニール袋」でします。

 

袋の中には、

 

  • お水
  • 氷と水の割合=2:1

 

を入れましょう。

 

腰のやや下(ウエスト部分)を冷却する

 

冷却する場所は、腰とお尻の境目、中央部分を冷却しましょう。

 

 

 

氷みずが入った袋は、直接肌に当てるようにしましょう。

 

しらひげ先生
冷たいのが苦手な人は、ハンカチやガーゼを、肌と氷のうの間に挟んでも大丈夫です。

 

時間は20分程度を目安に行ってください。

 

繰り返し行う場合は、1時間ほど間隔をあけましょう。

 

痛みが強い場合は1日に数回、繰り返し行いましょう。

 

関連記事

どうして冷却をする? 冷却のやり方を知りたい。 冷却するのは冷えピタでもいい?   今回は、こんなお悩みを解説していきます。   人の身体は、熱を作りやすく、熱が抜けに[…]

 

アイスノン(保冷剤)は使わない

 

保冷剤は使わないようにしましょう。

 

理由は、凍らせた保冷剤は、「冷た過ぎて凍傷」になったり、筋繊維をかえって傷めてしまう可能性があるからです。

 

また、冷蔵庫に入れた保冷剤では、すぐに温度が上がってしまうために十分に冷却できません。

 

しらひげ先生
スーパーで買った、生の肉や魚を保冷剤で持って帰ると、冷凍やけして、鮮度が悪くなるのと同じだね。

ぎっくり腰でよくある質問

ぎっくり腰の時によくある質問は、次の通りです。
  • カイロは貼っていい?
  • お風呂に入っていい?
  • シップは入っていい?

 

それぞれ、解説していきますね。

 

カイロは貼っていい?

 

ぎっくり腰になった直後は、カイロを貼らないようにしましょう。

 

なぜなら、ぎっくり腰は急性の炎症だからです。

 

カイロで温めることで、炎症を助長し症状を、悪化する可能性もあるので、気をつけましょう。

 

しらひげ先生
ここまで、読んで頂いた方は、ぎっくり腰の原因は「冷え」ではないとご理解を頂けていると思います。

 

カイロは寒さをしのぐ物として開発されたもので、腰痛を改善するために開発されたものではありません。

 

このような点からも、ぎっくり腰になったら「カイロで温める」と、ならないようにしましょう。

 

もし、カイロを貼るなら、症状が落ち着いた後にしましょう。

 

お風呂に入っていい?

 

ぎっくり腰の時にお風呂に入っても大丈夫です。

 

湯船に浸かっても大丈夫です。

 

理由は、お風呂に入っても、ぎっくり腰を悪化させる原因には、ならないからです。

 

あかり
ぎっくり腰の時は温めたらダメじゃないの?

 

シャワーや少し湯船に浸かるぐらいなら、炎症が強くなるわけではないので大丈夫です。

 

身体を温めようと、長時間(20分以上)浸かるのは、控えましょう。

 

シップは入っていい?

 

シップは貼っても大丈夫です。

 

シップは、表面に痛みを緩和する薬効成分がついているので、貼ると症状を緩和してくれます。

 

もし、貼るなら冷やす方のシップ(青いラベル)のシップを貼りましょう。

 

また、貼る場合は、2〜3時間程度で外すようにしましょう。

 

【ぎっくり腰】温める?冷やす?(まとめ)

今回は、【ぎっくり腰】温める?冷やす?について解説してきました。
しらひげ先生
本記事の要約だよ。

●ぎっくり腰になったら温める?冷やす?

  • ぎっくり腰のときは温める?冷やす?:急性炎症なので冷やす。
  • 温めるメリットデメリット:温めると気持ちいいが、細胞や筋繊維が傷む
  • 冷やすメリットデメリット:炎症を抑えるが、慣れていないと冷たい
  • 冷却のやり方:氷のうと使って、「氷みず」でウエスト辺りを冷却す。
  • 袋を直接、当てる。肌と氷のうの間にハンカチやガーゼを挟んでもOK。
  • 冷却時間の目安は、20分程度。
  • 繰り返し行う場合は、1時間ほど間隔を空ける。
  • 痛みが強い場合は、1日に数回、繰り返えす。
  • 保冷剤は使わない

●ぎっくり腰でよくある質問

  • カイロは貼っていい?:はじめのうちは貼らないように。貼るなら症状が落ち着いてから。
  • お風呂に入っていい?:入ってもOK。長時間は浸からない。
  • シップは入っていい?:貼ってもOK