「股関節が痛くて」歩くのがツラい時は「杖」を使ってもいい?

  • 股関節が痛くて歩くのがツラい
  • 杖を付いて歩いてもいいのかな?

 

しらひげ先生
こんにちは、しらひげです。
大阪市城東区 しらひげ鍼灸整骨院

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

●結論:

股関節が痛くて、歩くのがツラくても、出来る限り「杖」は使わない方がいいでしょう。

理由は、杖を使うことで、3本脚で支える身体になり、身体のいろんなところに負担かかかるからです。

また、症状のある股関節に体重を乗せないことで、股関節が弱るからです。

もし、杖を使うなら期間を決めて使うのがいいでしょう。

 

ということで、今回は「股関節が痛くて」歩くのがツラい時は、「杖」を使ってもいい?について解説します。

 

当院に来られた患者さんも、当初は歩くのが大変で杖をついていたけど、今では杖を使わずに、歩かれている方もおられます。

 

なぜ、歩くのがツラいのに、「杖」を使わない方がいいのか、整体歴20年の私が分かりやすく解説しますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎股関節腰痛専門:大阪市城東区しらひげ鍼灸整骨院

▶︎人気記事:歩くのがツラい【股関節痛】の「原因」から「ストレッチ」まで徹底解説

 

「股関節が痛くて」歩くのがツラい時は「杖」使わない方がいい理由

股関節が痛くて歩くのがツラくても、杖を使わない方がいい理由は、次の通りです。

 

●股関節が痛くて歩くのがツラくても、杖を使わない方がいい理由

  • 3本脚になることで、身体本来の動きが損なわれる
  • 股関節は体重を乗せて動かすことで回復する

 

それぞれ、解説しますね。

 

3本脚になることで、身体本来の動きが損なわれる

 

股関節が痛くて歩くのがツラくても、杖は使わない方がいいです。

 

理由は、杖を使って、3本足になることで、身体本来の動きが、損なわれるからです。

 

例えば、歩くときに、「右手と左脚」、「左手と右脚」がセットになって動いて、同時に「背骨で捻り」が起きます。

 

杖を使うことで、手足、背骨の連動した動きは損なわれます。

 

すると、肩や背骨、腰などさまざまなところに、負担がかかります。

 

なので、股関節が痛くても出来る限り、杖は使わない方がいいです。

 

▶︎関連動画:股関節痛と杖について(持つ?持たない?)

 

股関節は体重を乗せて動かすことで回復する

 

股関節が痛くて歩くのがツラくても、杖は使わない方がいいです。

 

理由は、股関節は体重が乗って、振り子の動きをして、体重が乗っての動きを繰り返すことで、関節の潤滑油が出て滑らかに動きます。

 

具体的には、関節は潤滑油が常に潤って、スムーズに動きます。

 

股関節の場合、体重が乗る、振り子で動かすことで、ポンプのような動きで、油が関節の中を巡っています。

 

そうして、動かすことで、リンパや組織液が動いて、鎮痛作用や細胞修復を行います。

 

なので、股関節が痛くて歩くのがツラくても、出来るだけ、杖を使わない方がいいでしょう。

 

しらひげ先生
近年、股関節の人工関節置換手術後のリハビリは、術後2〜3日で開始されるそうだよ。

 

あかり
そんなに早くに始めるの?

 

しらひげ先生
そうだよ。早く始めた方が回復が早いそうなんだ。このことからも、動かすことは大切だと分かるね。

 

股関節痛で杖を使うメリット

 

股関節痛いで杖を使うメリットは、次の通りです。

 

●股関節痛いで杖を使うメリット

  • 痛みを回避できる(一時的に)
  • 自力で動く
  • 寝たきりにならない

 

股関節痛で杖を使うデメリット

 

股関節痛いで杖を使うデメリットは、次の通りです。

 

●股関節痛いで杖を使うデメリットは、次の通りです。

  • 手放せなくなる
  • 肩・肘・手首が痛くなる
  • 猫背になる、背中に負担がかかる
  • 脚の機能が低下する

 

杖はどんな時に使う?

 

あかり
杖てどんな時に使うものなの?

杖を使うのは、次の場合です。

 

●杖を使う場合

  • 骨折の初期で、足に負荷をかけてはいけない時
  • 手術後の初期で、足に負荷をかけてはいけない時
  • じん帯やアキレス腱の怪我で、足に負荷をかけてはいけない時

 

骨折や手術後など、細胞が修復するのに、脚に負荷をかけてはいけない時期に杖を使います。

 

股関節痛で杖を使う時の注意点

 

股関節痛で杖を使うときの注意点は、次の通りです。

 

●股関節痛で杖を使うときの注意点

  • 期間を決める
  • 転倒しない
  • 正しく使う
  • 動くことをやめない

 

それぞれ、解説しますね。

 

期間を決める

 

股関節が痛くて、杖を使う場合は、期間を決めましょう。

 

理由は、手放せなくなるからです。

 

例えば、2週間、1ヶ月とかある程度の日にちで、区切るようにしましょう。

 

あかり
痛みが取れて、歩けるようになったら、杖を止めるわ。
しらひげ先生
日にちで区切るのが大切だよ。

 

上記で説明したように、股関節は体重を乗せて動かすことで、正常な働きをします。

 

つまり、杖をついて歩いている以上は、正常な働きから遠さかります。

 

なので、杖を使うのは、痛みが強い、不安が強い、一定期間にとどめておいて、期日が来たら多少の症状があっても、杖を手放して動くことが回復へと近づきます。

 

しらひげ先生
本人も大変だけど、家族や周りも一緒になって助けてあげようね。

転倒しない

 

杖を使う場合は、転倒に注意しましょう。

 

杖の支える面積は「点」で小さいので、不安定です。

 

股関節の痛みをかばうがあまりに、杖に重心をかけすぎると転倒することがあります。

 

なので、転倒しないように気をつけましょう。

 

正しく使う

 

杖を使い時は、正しく使いましょう。

 

例えば、使う杖の種類、長さ、持つ手など、状態によって変わります。

 

専門医、理学療法士、専門店など詳しい人にアドバイスをもらって、正しく使うようにしましょう。

 

動くことをやめない

 

杖を使い時の注意点の最後は、動くことをやめないようにしましょう。

 

杖を使うことは、慣れないことなので、次第に動くのが億劫になります。

 

すると、筋肉や体力が落ちます。

 

すると、日常生活で動くことですが、しんどくなり、次第に動かなくなります。

 

なので、杖を使っても動くことをやめないようにしましょう。

 

「股関節が痛くて」歩くのがツラい時は「杖」を使ってもいい?(まとめ)

 

今回は、股関節が痛くて、歩くのがツラい時は、「杖」を使ってもいい?について解説しました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

●股関節が痛くて歩くのがツラくても、杖を使わない方がいい理由

  • 3本脚になることで、身体本来の動きが損なわれる
  • 股関節は体重を乗せて動かすことで回復する

●股関節痛いで杖を使うメリット

  • 痛みを回避できる(一時的に)
  • 自力で動く
  • 寝たきりにならない

●股関節痛いで杖を使うデメリットは、次の通りです。

  • 手放せなくなる
  • 肩・肘・手首が痛くなる
  • 猫背になる、背中に負担がかかる
  • 脚の機能が低下する

●杖を使う場合

  • 骨折の初期で、足に負荷をかけてはいけない時
  • 手術後の初期で、足に負荷をかけてはいけない時
  • じん帯やアキレス腱の怪我で、足に負荷をかけてはいけない時

●股関節痛で杖を使うときの注意点

  • 期間を決める
  • 転倒しない
  • 正しく使う
  • 動くことをやめない

 

▶︎股関節腰痛専門:大阪市城東区しらひげ鍼灸整骨院