【膝痛】膝に水がたまるのは歳のせい?抜くとクセになる?その原因と対処法について解説

こんにちは、しらひげです。

このサイトでは整体師が身体に関する情報を発信しています。

 

 

あかり
膝に水が溜まるのは歳のせい?他に何か原因ってあるの?

 

 

しらひげ先生
膝に水がたまるのは、歳のせいと言われるけど、半分正解で半分間違えだね。

 

膝が痛いなと思っていたら、パンパンに腫れて、病院に行ったら「膝に水がたっている」と言われた。

 

「原因は歳のせいですね」。

 

「・・・」。

 

「膝にたまった水を抜くとクセになる」と言われるけど、抜いたらいけないのかな?

 

こんなことで困っていませんか?

 

膝に水がたまる本当の原因は、「膝に炎症ができる」からです。

 

「水」とは、リンパや組織液といわれるもので、炎症を治めるに膝に集まってきす。

 

すると、「腫れた状態」になります。

 

例えば、年齢とともに活動量が減って、膝を支えるじん帯や筋肉が弱って、膝に負担がかかりやすくなり、膝に炎症が出来た場合は、手前の原因としては「歳のせい」といえるでしょう。

 

また、膝にたまった水を抜いても、「炎症ができる原因」を解決しなければ、繰り返し炎症ができます。

 

すると、また炎症を治めようと、リンパや組織液が膝に集まり、すると水がたまるので「水を抜いたらクセになる」と言われます。

 

このページでは、そんな膝に水がたまる状態について、さらに詳しく解説していきます。

 

膝が痛くて水が溜まっているのか不安、繰り返し水がたまっているのでなんとかしたい、と思っている方が膝の水について理解し、自分で対処できるように解説していきますので、是非、最後まで読んでくだせい。

 

 

 

 

 

しらひげ先生
しらひげのプロフィール
興味がある方は読んでみてください。
大阪市城東区股関節専門 しらひげ鍼灸整骨院)

 

 

 

 

膝に水がたまる状態とは?

膝の「水」って何?

膝の関節には、常に一定量の「水」があります。

 

この「水」というものは、リンパや組織液といわれるもので、関節の動きをよくする、潤滑油や軟骨に栄養を与える役割をしています。

 

「水」がたまる場所

水がたまる場所は、膝が多いですが、手首、ひじ、足首などにもたまります。

 

また、膝では全体的に腫れますが、特に「膝のおさら」の上、外側に溜まりやすいです。

 

膝に水がたまるとどうなる?

 

  • 腫れている(反対の膝と比べて)
  • 熱感がある
  • ザクザクとうずく
  • 歩くのが痛い
  • 曲がらない
  • 押さえると激痛(膝のおさらの上・外側)
  • 皮ふのシワがなくなる、皮ふに光沢があってピカピカと光っている

 

これらの現象があると、膝に水がたまっている、可能性があります。

 

スポンサーリンク

膝に水が溜まる原因とは?

 

膝に水がたまる原因は、「炎症」ができるからです。

 

炎症ができる原因の代表的なものは、次のようなものがあります。

 

  • じん帯や筋肉が弱い
  • ちょこちょこと動く
  • 重心バランスの乱れ
  • 腰、股関節、足首からの影響
  • 繰り返し使う
  • ケガ(転倒して打つ)
  • 過去のケガ、半月板
  • 痛風

 

それぞれ、解説していきますね。

 

じん帯や筋肉が弱い

膝はじん帯や筋肉で、おおわれています。

 

この、じん帯や筋肉は、適度に使うことで、いい状態を、保つことができます。

 

しかし、使わないと劣化し、弱っていきます。

 

日常生活で座っていることが多い、デスクワーク、移動は乗り物が多い(自転車、車、電車、エレベーター、エスカレーター)など、脚を使うことが少なくと、徐々に弱っていきます。

 

じん帯や筋肉が弱っているのは、視覚化しにくく、言葉を変えると「歳のせい」、「体重が増えた」などといわれたりもします。

 

ちょこちょこと動く

上記のじん帯や筋肉が弱い状態で、ちょこちょこと動くのも、原因になります。

 

あかり
ちょこちょこってどんな動き?

 

ちょこちょことは、飲食店のホールや家事などのような動きです。

 

 

あかり
動いているけどダメなの?

 

例えば、自転車の動き始めって力が要りますよね?

 

身体も同じで、動き始めに力を使います。

 

なので、じん帯や筋肉が弱い状態で、ちょこちょこした動きは、膝に負担をかけて、炎症ができる原因になります。

 

 

しらひげ先生
ちなみに、ちょこちょこした動きでは、じん帯や筋肉は丈夫になりにくいよ。

 

 

重心バランスの乱れ

本来、脚には体重が5:5と、均等に乗っているはずです。

 

しかし、何らかの原因で、身体のバランスの崩れで7:3になったとします。

 

すると、片足の負担が大きくなり、炎症ができる原因になります。

 

腰、股関節、足首からの影響

上記の重心バランスが乱れる原因の一つに、腰、股関節、足首の影響があります。

 

例えば、左の腰が痛くて、体重が乗せられないとします。

すると、右側に体重を乗せるバランスになります。

すると、右膝に負担がかかり、炎症を起こす原因になります。

 

 

繰り返し使う

 

  • 介護、保育士、スーパーの品出しなど、しゃがむ動作が多い
  • ミシンなど繰り返しペダルを踏む
  • 小さい子供さんの世話でしゃがむことが多い
  • スポーツでジャンプをする
  • スポーツで捻る動作がある
  • スポーツで踏み込む動作がある

 

なども、膝に負担がかかります。

 

また、買い物や旅行でたくさん歩いた、地区の運動会で久しぶりに運動をした、引っ越しでたくさん動いたなども、炎症を作る原因になります。

 

ケガ(転倒して打つ)

雨の日に駅のホームで転倒した。

 

駐車場のブロックにつまずいた。

 

道の段差を踏み外した。

 

日常生活で、転倒して膝を打撲することは、意外と多いです。

 

また、同じところを繰り返し打つと、膝の負担は大きくなります。

 

半月板損傷

半月板とは、膝のクッションの役割をしているものです。

 

この半月板が、何らかの原因で損傷していると、膝に負担がかかります。

 

半月板は損傷していても、痛み症状を感じなかったり、日常生活に支障が出ていない人もあります。

 

半月板の損傷自体では、膝に痛みは出ていないが、膝に負担をかける原因となり、炎症を起こす一因になります。

 

これらの複合

ここまで紹介してきたものが、単体で原因になることもあれば、2、3つ複合して、膝に炎症を起こす原因になることもあります。

 

痛風

上記の原因とは別に、「尿酸値」が高い方は、痛風の炎症が膝にできることもあります。

 

尿酸値が高い方、通風経験がある方は、膝にも痛風の炎症ができるということを、覚えておきましょう。

 

 

膝に水がたまるのは年のせい?

年齢をたずねると、気にされる方もおられますが、この時ばかりは、年のせいにする人もおられます・・・。

 

では、同じ年齢の人は、みんな膝に水がたまっているのでしょうか?

水がたまっている方の膝は、年を取ってといて、反対の膝は年を取っていないのでしょうか?

 

 

 

しらひげ先生
そうではないですよね。

 

 

なので、「膝に水がたまるのは歳のせい」は、手前の原因であって、根本原因は上記のように、膝に炎症が出来やすい状態があるということです。

 

 

あかり

確かに、「歳のせい」って曖昧な表現だよね。

40代で歳のせいと言われても‥‥って感じだわ。

 

 

 

膝に水がたまるのは体重が増えたから?

これもよく聞く言葉ですね。

 

 

あかり

もう、分かった。

反対の膝は体重が増えていない?

あれ、何か変?

 

 

 

しらひげ先生
その通りでだよ。

 

体重が増えたことは、原因の一つになります。

 

しかし、原因がそれだけなら、「症状の出ていない反対の膝は、体重が増えた影響がないのか?」と、いうことになりますよね。

 

なので、体重が増えたことに加えて、上記の原因が複合であるはずです。

 

また、体重が増えたということは、活動量の低下で、じん帯や筋肉は弱っていることも、忘れてはいけませんよね。

 

膝に水がまるとクセになる?水を抜くとクセになる?

結論は、クセになります。

 

理由は膝に水がたまるのは、炎症ができた結果であって、本当の原因は、膝に炎症ができる状態があることだからです。

 

具体的には、膝にできた炎症を収めようと、水(リンパや組織液)がたまっているので、炎症が治らなければ、いくらでも水はたまります。

 

水を抜くと同時に、炎症が起きる原因を突き止めて、解決しないといけません。

 

例えば、一軒家で雨漏りがしたとします。

雨漏りをしているところを修理しても、また、違うところから漏れはじめます。

 

このように、症状だけに目を向けていると、繰り返すことになります。

 

これが、「クセになる」と、言われる仕組みです。

 

大切なのは、症状よりも、根本原因に目を向けることです。

 

膝に水がたまったら、炎症を止めると同時に、膝に炎症が起きる原因も、同時に改善して行くことが重要です。

 

膝に水がたまったときの対処法

 

 

しらひげ先生
膝に水がたまる原因は?

 

 

あかり

歳の・・・

いや、炎症ができている。

 

 

しらひげ先生

せ、せ、

とりあえず、正解。

 

 

炎症なので、まずは炎症を止めるために「冷却」をしましょう。

 

  • 氷のう、もしくは、袋に氷と水を入れて、「氷みず」を用意する
  • アイスノン、水のみ、濡れタオルはNG
  • 膝を冷却する
  • 膝を左右から挟む、膝裏と3方向から冷却する
  • 20分ほど冷却したら、1時間休憩
  • 繰り返す

 

 

炎症が止まったら、上記の根本原因を見つけて、改善していきましょう。

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。 このサイトでは整体師が股関節痛や身体に関する情報を発信しています。     しらひげ先生 症状を改善して中で「冷却」することが大切です。 &[…]

 

 

まとめ

 

膝には、常に一定量の「水」があります。

 

「水」は関節の動きをよくする、潤滑油や軟骨に、栄養を与える役割をしています。

 

膝の水はお皿の上、外側に溜まりやすいです。

 

膝に水がたまると、次のような特徴が現れます。

 

  • 腫れている(反対の膝と比べて)
  • 熱感がある
  • ザクザクとうずく
  • 歩くのが痛い
  • 曲がらない
  • 押さえると激痛(膝のおさらの上・外側)
  • 皮ふのシワがなくなる、皮ふに光沢があってピカピカと光っている

 

膝に水がたまる原因は、膝に炎症ができるからです。

 

炎症ができる原因は、

 

  • じん帯や筋肉が弱い
  • ちょこちょこと動く
  • 重心バランスの乱れ
  • 腰、股関節、足首からの影響
  • 繰り返し使う
  • ケガ(転倒して打つ)
  • 過去のケガ、半月板
  • 痛風

 

があります。

 

「膝に水がたまるのは歳のせい」は、手前の原因であって、根本原因は、膝に炎症が出来やすい状態があるということです。

 

「膝にたまった水を抜くとクセになる」は、炎症を抜くと当時に、炎症ができるで根本原因を改善しないと、繰り返し膝に水はたまる。

 

膝に水が溜まったら、炎症なので、まずは「冷却」しましょう。

 

冷却は「氷みず」でしましょう。

 

冷却で炎症が治ったら、根本原因を見つけて改善していきましょう。

おすすめ:大阪市城東区股関節専門 しらひげ鍼灸整骨院

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから