股関節痛

股関節が痛いのは体重が増えたから?原因とチェックポイントを解説

最近、股関節の痛みがひどくなってきた。

歩くのもツラくなってくた・・・。

痛みがひどくなってきたのは体重が増えたから?

自分でできることはどんなことがあるだろうか?

このページではこんなお悩みを解決していきます。

 

 

股関節の痛みがひどくなったのは体重が増えたから?

結論は体重が増えただけが原因ではありません。

 

理由としては体重が増えたことが直接の原因だとしたら、

 

反対の股関節も同じように痛くなるはずです。

 

あかり
確かに。そう言われれば痛いのは片方の脚だけだけだわ。

 

しらひげ先生
では、なぜ左右に症状の差があるのでしょうかね?

 

考えられる原因はいくつかあります。

  • 膝や足首をケガしたことがある。
  • 腰痛持ち
  • 出産で骨盤を傷めた
  • 転倒で骨盤を傷めた
  • 女性ホルモンの影響
  • スポーツで特殊な使い方をした
  • 歩行不足で関節の動きが悪くなる
  • 座っていることが多い

など。

 

そして、これらに共通して言えるのは股関節を直接、痛めているのではないということ。

腰・骨盤・脚などを傷めてゆがみを作ったり、歩行バランスが崩れたりします。

 

その結果、股関節に負担がかかり症状が出はじめる、もしくは症状が出やすい状態を作っている。

さらに体重が増えて症状が強くなる。というのが股関節痛を起こす原因になります。

 

身体の状態をチェックしてみよう

靴をチェック

靴にはその人の癖が現れます。靴底、かかと、前後、内外などすり減っている場所はさまざまです。

今回、チェックしたいのは左右差です。例えば右の股関節に症状があるとします。

 

靴のすり減りを見ると、右の靴がすり減っていたら、歩行バランスが右に崩れて股関節に負担がかかっている。

左の靴がすり減っていたら、歩行バランスが左に崩れている。

 

症状があるのは右なのに歩行バランスは左に崩れている場合はさらに他の要素なども加わってくるので複雑です。

 

足踏みでバランスチェック

実際に身体を動かしてチェックして見ましょう。

 

<やり方>

  • 平らなところに真っすぐに立つ。
  • 膝が90°まで曲がるまで足を上げる。
  • 1・・2・・3・・ゆっくりと足踏みをする。
  • ふらつきが出るか、足が上がりにくい、踏ん張りにくいなどをチェックする

 

 

 

 

自分でできる対処法

靴を買い替える

すり減った靴は履いているだけでゆがんだ状態になります。

すり減った靴は買い替えるか、修理するようにしましょう。

 

あかり
あの靴は履きやすくて気に入っているのだけど・・・

 

しらひげ先生
お気に入りをいくつか持っているといいよね。

 

 

症状が出ていなくて、靴もすり減っていない場合

例えば、右に症状が出ていて靴底も右が減っている場合、左足に体重が乗っていない状態です。

この場合は歩きはじめ、階段などはじめの一歩を左から出すことで左足にも体重が乗りやすくなります。

 

体重をキープ

体重が増えるということは活動量が減っているということになります。

活動量が減る=歩行不足になります。

 

歩行不足になると関節がサビた状態になり動きが悪くなり、痛みを起こしやすくなります。

日頃から程度なウオーキングをすることは大切です。

 

まとめ

股関節が痛いのは体重が増えただけが原因ではなくて、それまでに症状が出やすい状態が作られている。

 

股関節を直接、傷めるよりも腰・骨盤・脚などに問題がありゆがみを作ったり、歩行バランスが崩れたりしている。

 

靴の左右差や足踏みで歩行バランスをチェックしてみる。

見た目は綺麗でも靴の底がすり減った靴は買い替えるか修理をするようにしましょう。

 

関連記事

股関節痛でお悩みの方へ。   当記事では、歩くのがツライさまざまな股関節痛について症状、原因、対処法についてまとめました。ご自身で症状を理解し自力で対処したい方は是非ご覧ください。   ●本記事の[…]

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから