股関節痛

【股関節痛】レントゲンもMRI検査も異常なし。足の痛みの原因は?

 

あかり
脚の付け根が痛くてレントゲン、MRI検査を受けたけど異常なしと言われた。
検査では異常は異常なしと言われけど痛みがあるってどういうこと?
しらひげ先生
レントゲン検査では骨や関節に問題があるかどうかを診ているのだよ。
レントゲン検査で異常はないってのは骨が関節には問題がないってことだね。

 

 

股関節痛があるのにレントゲンで異常なしと言われた…

レントゲン検査とは

レントゲン検査は骨の異常の有無を調べるのに適しています。

レントゲン検査で分かること。

  • 骨の形状
  • 骨の位置関係

つまり、変形や脱臼など骨の状態を診るのに優れています。

なので、レントゲン検査を受けたけど異常なしというのは、

今回の股関節の症状に関して「骨や関節の状態」には異常がないということになります。

 

また、筋肉やじん帯の状態を診るにはMRI検査が優れています。

 

MRI検査とは?

MRI検査では筋肉やじん帯、軟骨などの異常の有無を調べるのに適しています。

MRI検査で分かること。

  • 軟骨損傷
  • じん帯損傷
  • 筋断裂、肉離れ

股関節で股関節唇の状態を診るのに使われます。

 

股関節唇とは?

股関節唇とは股関節にある軟骨のことです。

膝であれば半月板、背骨であれば椎間板、股関節であれば股関節唇など関節には軟骨があります。

 

股関節唇は、

  • 股関節の動きを安定化させる
  • 関節の動きを滑らかにする
  • 身体への衝撃を吸収する

などの役割を持っています。

 

股関節の症状でMRI検査を受けたが異常なしであれば股関節唇に問題がないということになります。

 

 

あかり
そうなんだ。
でも、骨にも軟骨にも異常はないのにどうして痛みがあるの?
しらひげ先生
骨や関節の異常以外でも痛みの原因はいろいろとあるよ。

原因は何?

骨に異常が無ければ、

  • 関節がサビついて上手く動いていない
  • 関節のレールが上手く噛み合っていない
  • 周辺筋肉が張っている

などの原因が考えられます。

 

原因の原因は?

  • 歩行不足により関節の油が上手く潤滑せずにサビた状態になる
  • 繰り返しの動作や生活のクセで股関節のレールが噛み合っていない
  • 関節が上手く動いていなくて周辺筋肉に無理がかかり筋肉の張りが出ている

 

股関節痛でレントゲンで異常なしと言われたら次はどこで診てもらえばいい?

対応してくてるところの違い

病院

病院ではレントゲン検査の他にお薬や注射などの鎮痛薬、リハビリなどをお行います。

整体院

整体院では骨盤や骨格などにアプローチしたり、ストレッチや運動などを中心に症状を改善していきます。

整骨院

怪我の処置を得意としています。自電車で転倒した、階段を踏み外して転げたなどの場合は訪ねてみましょう。近年、健康保険の取り扱いが問題視されているので注意しましょう

鍼灸院

鍼灸院では鍼で筋肉の張りを緩和していきます。

マッサージ店

マッサージ店はいわゆるリラクゼーションになるので治すよりは癒しを目的としているところが多いです。

 

関連記事

あかり 股関節痛を解消するにはどこに行けばいい? 整骨院?整体院?鍼灸院? 何が違うの? しらひげ先生 整骨院も整体院も鍼灸院も身体を診てくれる、施術をしてくれるとこに違いないの[…]

 

おすすめは信頼できる先生

私は柔道整復師、鍼灸師として治療業界にいますが先生によって施術法や施術方針はいろいろです。

しかし、みんな目指しているところは症状を改善すると同じです。

 

よく良い先生、良くない先生と聞きますが患者さんも整体は苦手、鍼は苦手、先生との相性が合う、とにかく近くがいい、など診てもらいたい院、先生、施術などいろいろです。

 

自分で最優先を決めて信頼できる先生に診てもらうのがいいでしょう。

また症状が現れたときには直ぐに施術にかかれるように日頃からかかりつけを作っておくことも大切ですよね。

 

治療院にかかりつけは必要?

症状を改善していく中で右肩上がりに良くなってく人もいれば、

良くなったり後退したりする人もいます。

 

また変化を感じられるのに時間がかかる人もいます。

その中で状態が後退したり、停滞するとどうしても不安になります。

その不安が少しでも少なくするためにもかかりつけを作っておくべきです。

 

また、明らかな怪我ではない場合はこれまでの体の使い方、過去の生活背景、これまでの身体の使い方などが大きく関係してきます。

施術をする側もその方のこれまでの生活背景身体の歴史を深く知っていると施術が進めやすいです。

 

股関節痛でレントゲンで異常なしと言われたときの自分でできる対処法

安静?それとも、痛くても動いていい?

レントゲン検査で異常なしの場合は骨に異常がないので動いてもOKです。

激しく動く必要はありませんがウオーキングなど適度に身体を動かす方が回復が早いです。

安静にし過ぎることで関節の動きを更に悪くして痛みを繰り返すこともあるので注意しましょう。

 

ストレッチはした方がいい?

股関節痛が起きるのは身体が硬い身体からと思い柔軟体操をした方がいい?と思いがちですが、

骨に異常はなくても関節の動きは悪くなっている可能性があるので柔軟体操で無理に筋肉を引っ張ると悪化させることもあります。

 

おすすめは身体を動かしながら身体を動かす動的ストレッチです。

代表的なものはラジオ体操です。

 

関連記事

あかり 股関節が痛みを緩和したい!自分でできるストレッチを知りたい! どんな運動をしたらいいのか教えて。   しらひげ先生 股関節痛を改善する運動8つを動画と合わせて解説していくね。 &[…]

 

正しく座る

座っているときも股関節には負担がかかります。

横坐りやペチャ座り、足を組むなど日頃当たり前にしている座り方も股関節には負担がかかります。

特に座る時間が長い方は注意しましょう。

 

関連記事

しらひげ先生 症状を改善していく中で日常の座り方はとても重要なポイントになります。   あかり 座っているだけで悪くなるの? […]

 

まとめ

レントゲン検査でい異常がないのは骨や関節に問題はないということ。

 

骨に異常が無ければ、

  • 関節がサビついて上手く動いていない
  • 関節のレールが上手く噛み合っていない
  • 周辺筋肉が張っている

などの原因が考えられます。

この場合は整体院、整骨院、鍼灸、マッサージ店などで診てもらいましょう。

 

自分で出来る対処法は必要以上に安静にせずにウォーキングやラジオ体操など適度に身体を動かしましょう。

 

人気記事

あかり 股関節が痛いので原因や治療法、おすすめの運動など股関節痛についていろいろと知りたい。   しらひげ先生 このページは股関節の痛みに関しての質問をまとめてみたページだよ。 […]

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから