股関節痛

【プロが教える】この股関節痛の原因は運動不足?がに股?冷え?

あかり
この股関節痛の原因を知りたい。
よく股関節痛の原因は運動不足、がに股、冷えとか言われるれど本当はどれなの?
しらひげ先生
股関節痛を起こす原因はいろいろとあります。
その中でも原因としてよく言われる運動不足、がに股、冷えについてこのページでは解説していきますね。
✅このページで解決できること
・運動不足と股関節痛みの関係について。一日に必要な運動量を理解できる。
・がに股になる原因と股関節への影響。
・冷えるは股関節痛の原因であって原因でない。

股関節痛の原因:運動不足について

あかり
通勤で歩くし、家でも台所や片付けとかで結構、動いているけど運動不足なのかしら?
しらひげ先生
同じ動くでもしっかりと脚を動かすことが大切なんだ

なぜ、運動不足になると股関節が痛くなる?

運動不足のなかでも股関節の場合は歩行不足が痛みを起こす原因になります。
人の身体や関節は常に動かしていて正常な状態を保つことができます。
例えば、ひじの骨折をして1ヶ月間、ギプス固定をしていたとします。
しらひげ先生
ギプス固定を外して直ぐにひじの関節は動くでしょうか?
あかり
動かないと思う
しらひげ先生
正解。直ぐには動かない。
リハビリで動かす練習をして徐々に回復してくるよね。
このように関節は動かさなければ固まってしまいます。
股関節は丸い形をしていて広い範囲に動きます。
特に前後の動きを動きを出すには歩く動きが大切です。
あかり
立ち仕事でよく動いているけど違うの?
しらひげ先生
いい質問だね。
立ち仕事で脚を動かすのとウォーキングで脚を動かすのとで動きが違います。
また、連続して動かすことも大切になります。

どれぐらいの運動が必要?

ここでは歩数よりも連続歩行時間を重要視していきましょう。

理由は連続して動かすことが身体の連動運動や重心バランスを使う人間本来の動きに近いからです。

一日に必要な歩行量は40〜50分の連続歩行を一つの目安にしてみてください。

 

関連記事

しらひげ先生 骨盤の動きを良くするのにおすすめの運動はウオーキングだよ。   あかり 歩く時はかかとから? どんなことに気をつけたらいいのだろう? […]

 

 

スポーツは別と考えよう

「スポーツ=健康」のイメージですよね。
あかり
え!違うの?
しらひげ先生
確かに身体を動かしているのだけどね。
スポーツのはじまりは競技やパフォーマンスを競うことが目的としてはじまっていて、
健康目的ではじまった訳ではありません。
場合によってはパフォーマンスを上げるために無理動きをして身体に負担をかけていることもあります。
もちろん、楽しく適度に動き程度なら健康の範囲といえるかも知れませんが、
健康のつもりが身体に負担をかけないように気を付けましょう。

ウォーキングマシーン、ステップ踏みは大丈夫?

ウォーキングマシーンやステップ踏みなど機械を使う場合は運動としてはOKなのですが股関節の動きにはおすすめできません。

具体的にはウォーキングマシーンではベルトが動くので股関節が強制的に動かされます

あくまで自分の力で動かすことが大切です。

 

また、ステップ踏みでは片足を踏むと反対の脚は自動的に上がってきます。

この動きも股関節にとっては不自然な動きなので負担がかかります。

水泳ウオーキングは大丈夫?

確かに水中ウオーキングは身体を動かしているのですが、

水中で浮いいるので歩行時のような重心移動やバランス感覚を使いません。

股関節の本来の動きをしているのではないので身体は動かしているけど、股関節の運動とは別と考えましょう。

股関節痛の原因:がに股(O脚)について

どうしてがに股(O脚)になる?

がに股になる原因
  • 座る時に脚を開いている
  • 腰、背中が曲がっている
  • 歩行不足→体重バランスが悪い→左右に身体を振って歩く
  • 骨盤がグラグラ
  • 筋力低下
  • ブカブカの靴を履いている
ほとんどは日常生活での習慣ですね。
がに股は急になるものはなく、長年の繰り返しの習慣によって徐々にできあがります。

股関節痛とがに股との関係

がに股から考えられる股関節痛として
  • 外向きのレール
  • 歩行不足
があります。
しらひげ先生
詳しく解説していくね。

外向きのレール

本来、脚の動きは前後に真っ直ぐに動きます。
しかし、がに股になると脚は外向きに動きます。
いわゆる外向きのレールが出来上がりますよね。
つまり、本来のレールからズレた状態になるのでこの状態で動かすと痛みを起こしやすくなります。
また、上向きで寝て、膝を立てて内側に倒す動きもしにくくなります。

歩行不足

上記の原因に共通して当てはまるのが「歩行不足」になります。
股関節は骨盤と隣接する場所で「身体を支える」、「脚を動かす」役割のところなので歩行とも深い関係があります。
歩行不足→股関節や身体の不具合→O脚→股関節痛
と徐々にできあがります。

股関節痛の原因:冷えについて

冷えは痛みを感じる原因の一つになりますがそれだけではありません。
具体的には、冷えて痛みを感じるのは冷えることで関節の動きが悪くなったり、周辺の筋肉が硬くなるからです。
しかし、冷えているのは痛みを感じている関節だけでなく、反対の股関節や膝やひじなど身体の全部が冷えているはずです。
「冷え」だけが痛みの原因だとすれば他の関節も同じように痛みを感じるはずです。
もし、痛みを感じるのが一部の関節のみなら冷えだけが原因ではなく他の要因も合わせて痛みを起こしています。

まとめ

運動不足になると関節は固まり動きが悪くなる。すると、股関節を動かす時に痛みを感じる。

運動の目安は日常生活に加えて40〜50分の連続歩行を一つの目安にする。

立ち仕事やスポーツは同じように動いているが股関節の本来の動きをしている訳ではないので別と考える。

 

がに股になる原因は日常生活での習慣によるもの。

がに股になると本来の股関節のレールからズレるのでこの状態で繰り返し使うと痛みが出やすくなる。

また、がに股になる原因に歩行不足があるのでその影響で股関節痛も起こす。

 

冷えは原因であって原因でない。

冷えることで関節の動きが悪くなったり、周辺の筋肉が硬くなるので痛みを起こしやすくなるが、

冷えるのは局所だけでなく身体全体が冷えるけど、痛みを感じるのが一部だとすれば冷え以外の要因も合わせて痛み起こしている。

 

関連記事

あかり 股関節が痛いので原因や治療法、おすすめの運動など股関節痛についていろいろと知りたい。   しらひげ先生 このページは股関節の痛みに関しての質問をまとめてみたページだよ。 […]

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから