腰から足にかけての痛みについて解説|ポイントは「腰」が未来を左右する

あかり
腰から足にかけて痛い。
この痛みの原因はいったい何だろう?

 

 

しらひげ先生
脚が痛くても原因は腰にある場合があるよ。
このページでは脚の痛みと腰に関して解説していくね。

 

 

本記事の内容

  • 腰から脚にかけての痛みの原因は「腰」にある
  • 足にかけての症状と腰の関係について
  • 症状が出た時の対処法

 

腰から足にかけての痛みの原因が「股関節症」の場合

症状

股関節に問題がある場合、

足の前側内側の付け根に症状が現れます。

 

椅子から立ち上がる時、しゃがむ時、長時間歩いていると痛くなるなど、

動き始めや動いている時に症状が現れるのが特徴です。

 

腰痛との関係

動くときに腰と股関節は連動して動きます。

具体的には床に落ちた物を拾うときに、

腰が痛いと腰を曲げずに股関節を曲げてかがんだりしますよね。

すると股関節に負担がかかり症状を起こしてしまいます。

 

対処法

腰も股関節、どちらも関節の動きを良くすることが重要です。

ウオーキングや体操でしっかりと動かしましょう。

 

スポンサーリンク

腰から足にかけての痛みの原因が「坐骨神経痛」の場合

症状

坐骨神経痛の場合はお尻の下

太ももの裏側のお尻の付け根あたりに症状が現れます。

鈍い痛みやシビレがあり、不規則に症状が現れます

 

腰痛との関係

坐骨神経痛はお尻や足に症状が現れるが原因は「腰」にあります。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、背骨の歪みなどにより、

神経を刺激することで症状が現れます。

 

対処法

腰骨がどのような状態かは病院でレントゲン、MRI検査を受ければ明確になります。

腰の状態を把握した上で腰に負担をかけないように、

座り方やお仕事、日常生活での身体の使い方を改善しましょう。

 

具体的には腰骨で支える状態で座るのはアウト。

骨盤で座るのはOK。

 

このように腰に負担をかけないことが大切です。

 

関連記事:骨盤に負担をかけない正しい座り方について解説

 

腰から足にかけての痛みの原因が「仙腸関節炎」の場合

症状

仙腸関節炎の場合はウエストの下あたりに刺すような痛み電気が走るような痛みがあります。

関節のところで痛みを起こしているので体を動かすと激痛が走ります。

症状が強いと腰が伸ばせない状態になったりもします。

 

仙腸関節の場所

 

 

腰痛との関係

仙腸関節は骨盤に当たる部分なのです。

つまり身体の動き全体に影響を及ぼします。

 

ギックリ腰、慢性腰痛などほとんどの腰痛は仙腸関節に問題があることが多いです。

電気が走るような強い痛みがあると、

お尻、足の方にまで響きますが神経痛ではありません。

 

どんな時に、どの場所に、どんな痛みが出ているかを

把握して神経痛との区別が大切ですね。

 

対処法

仙腸関節炎はレントゲン検査ではっきりと分かるものではありません。

関節での炎症なので氷みずで冷やすのがおすすめです。

 

コルセットでウエストの辺りを締めると、

腰が安定して痛みも軽減しますが、

 

継続的にコルセットを使うと手放せなくなるので、

コルセットを着ける場合は期間を決めて装着するようにしましょう。

 

関連参考記事:冷却のお話し

 

まとめ

腰から脚にかけての症状の元々の原因は「腰」にあります。

 

それは腰で神経を刺激して脚の方に影響が出ているもの、

腰の痛みが脚の方まで響いているもの、

腰をかばってお尻が脚に負担をかけているものなどがあります。

 

先ずは腰がどのような状態なのかを病院で検査を受けてしっかりと把握することが大切です。

 

その結果を踏まえて各症状に向けて対策をしていきましょう。

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから