股関節の痛み、変形性股関節症の方の正しいインソールの選び方

こんにちは、しらひげです。

このサイトでは、整体師が股関節痛や身体に関する情報を、発信しています。

 

▼股関節痛の原因と対処法を徹底解説

関連記事

こんにちは、しらひげです。 このサイトでは整体師が股関節痛や身体に関する情報を発信しています。     あかり 何もしていないのに、突然、股関節が痛くなってきた。 そのうち治る[…]

 

 

 

あかり
歩くと股関節がズキッと、痛むのだけど、股関節に負担をかけないためには、インソールを入れた方が、いいのかな?
実際にインソールを、入れるとしたら、どんなインソールを、選べばいいのだろう?

 

 

しらひげ先生
股関節のトラブルを、改善するのに、足元はとても、重要だね。その中でも、今回は、インソールについての質問だね。

 

 

「健康は足元から」というように、日常生活において、靴やインソールは、とても重要です。

 

 

例えば、すり減った靴やクッション性が弱い靴だと、身体に大きく負担を、かけてしまいます。

 

 

しかし、長年、整体師としてたくさんの方の身体を診てきた経験から、高性能なインソールやオーダーメイドのようなインソールは、必要ないと考えています。

 

 

理由は、靴やインソールは、あくまでサポートの役割であって、それらで、トラブルの根本的原因を改善するものでは、ないからです。

 

 

では、どんなインソールを選べばいいのか?

 

 

そんなことに気を付けて選べばいいのか?

 

 

などについて解説していきます。

 

 

しらひげ先生
最後に、おすすめインソールも、紹介しますので、最後まで読んでみてください。

 

 

  • 股関節にトラブルがある方の、正しいインソールの使い方。
  • インソールを選ぶポイントが分かる。

 

 

しらひげ先生
しらひげのプロフィール
興味がある方は読んでみてください。
(しらひげ鍼灸整骨院)

 

 

 

股関節痛や変形性股関節症の人はインソールを使うべき?

インソールとは

 

そもそも、インソールとは「中敷き」のことです。

 

 

靴底は、

 

 

  • インソール
  • ミッドソール
  • インソール

 

 

の三層構造になっていて、本来は靴に縫い付けられています。

 

インソールのメリット、デメリット

 

メリット

  • 洗い替えができて衛生的
  • 吸湿、防臭
  • サイズ調整
  • 滑り止め効果
  • 比較的安価で靴がグレードアップできる(クッション性UP)
  • 身体への負担を軽減

 

 

デメリット

  • サイズが合わなくなる
  • 歩行バランスが変わり痛みが出ることもある
  • 種類が多くてどれがいいのか分からない

 

 

こんな方におすすめ

 

変形性股関節症でインソールをおすすめする人は仕事上、どうしても靴を変えることができない方です。

 

 

股関節にトラブルがある場合、ウオーキングシューズがおすすめですが、職種によってはどうしてもスニーカータイプの靴はダメなこともあります。

 

 

そういった方にはインソールをおすすめします。

 

 

 

しらひげ先生
インソールを入れる靴底がすり減っている場合は先ずは靴を買い替えましょう。

 

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。 このサイトでは、整体師が股関節痛や身体に関する情報を発信しています。   ▼股関節痛の原因と対処法を徹底解説 [sitecard subtitle=関連記事 url=https:[…]

インソールで症状を治すのではなくて身体のサポート

 

変形性股関節症でインソールを入れるのに大切なのは、インソールで症状を治すのではなくて、身体のサポートをする目的で使うことが大切です。

 

 

具体的には、股関節にトラブルが起きたのは、足の体重バランスが外側になったからではなくて、何か原因があってそれにより外側に体重が乗るようになっていたりします。

 

 

なので、外側になっている体重バランスを治せば、股関節のトラブルが解決するのではなくて、インソールで足の体重バランスや身体への負担を軽減しつつ、股関節にトラブルを起こしている、根本原因も改善していくことが大切です。

 

 

変形性股関節症で歩くのが痛いけどどうしたらいい?

体操で体を動かす

 

股関節が痛くなるのは、歩き方だけの問題ではなくて、カラダ全体の関節が硬くなっている可能性があります。

 

 

カラダ全体の関節が硬くなると、歩くときに上手くバランスが取れずに、股関節に負担がかかります。

 

 

なので、日頃から体操などで、体を動かすことが大切です。

 

 

ラジオ体操など動きのある中でカラダを動かすことが大切です。

 

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。 このサイトでは、整体師が股関節痛や身体に関する情報を、発信しています。     ▼股関節痛の原因と対処法を徹底解説 [sitecard subtitle=関連記事 url=h[…]

 

 

コツコツと歩く

 

ショッピングや旅行などのあとに痛みがでる方は、日頃の歩行量が少ないかもしれません。

 

 

例えば、私は日頃のウオーキングで5〜6㎞ほど歩きます。

 

 

しかし、今の状態で大阪マラソンに出場したら、翌日は筋肉痛になるでしょう。

 

 

つまり、ショッピングや旅行など、目的があるので歩いているけど、そもそも、それだけの歩行量に、耐えれない身体だったりすることがあります。

 

 

ショッピングや旅行に出掛けない日の歩行量を確認してみてください。

 

 

一日の歩行量が6000歩以下なら、日頃からコツコツと歩く練習をしましょう。

 

 

筋トレは必要?

 

そんなに重要ではありません。

 

 

理由は、痛みを起こしている原因は、筋肉が弱いだけではないからです。

 

 

筋肉があっても、歩行時のバランスが上手く取れなかったり、関節に柔軟性がなかったりすると、股関節に負担がかかり症状は起きます。

 

 

筋トレよりも、ゆっくりでいいので、60分連続して歩ける身体の方がいいですよ。

 

 

変形性股関節症の人がインソールを選ぶときの3つポイント

選ぶポイント1 クッション性

 

変形性股関節症のインソール選びで、大切なのはクッション性です。

 

 

身体の関節は「衝撃を吸収する」役割があります。

 

 

変形性股関節症だと、股関節の柔軟性が低下しているので、歩く時の衝撃が、そのまま股関節に吸収さてれしまい、症状を悪化させていることがあります。

 

 

なので、衝撃を吸収してくれるクッション性のあるタイプのインソールで選ぶようにしましょう。

 

 

形を矯正しない(硬め、ハードタイプ)

 

足の形を矯正するタイプ硬い素材のハードタイプのインソールは、腰や膝など他のところに痛みを起こしやすくなります。

 

 

なぜなら、股関節にトラブルを抱えている方は、関節の柔軟性が低下して、身体が硬くなっているからです。

 

 

身体の柔軟性が低下しているのに、足元のバランスを変えると、身体が対応しきれなくて痛みを起こします。

 

 

サイズが小さくなるので注意

 

インソールを入れると、今までよりも靴が窮屈になります。

 

 

例えば、薄手の靴下と厚手の靴下では、靴を履いたときの感じが違うように、インソールを入れると中が窮屈になります。

 

 

もともと、インソールを入れる予定で、大きめサイズの靴を買っていたならOKですが、そうじゃない場合はサイズが合わなくなります。

 

 

既存の靴にインソールを入れる場合は、サイズに注意しましょう。

 

 

 

しらひげ先生
おすすめのインソールを3つ紹介しよう

 

 

 

 

クッション性に加えて、防滑性に優れた素材で滑り止め機能があります。

 

 

ウオーキングをする人におすすめ。

 

 

Amazonプライム会員なら送料無料(30日間お試し体験)▼▼▼

Amazonプライム会員

 

 

まとめ

 

変形性股関節症で、インソールをおすすめする人は、仕事上どうしても靴を、変えることができない方です。

 

 

靴を変えるのが可能な場合は、ウオーキングシューズの方がいいです。

 

 

インソール は症状を治すものではなくて、身体をサポートするものとして心するべし。

 

 

変形性股関節症で歩くのが痛い場合、筋トレよりも体操で関節の柔軟性を回復させたり、日頃からコツコツとウオーキングをして歩ける身体にすることが重要。

 

 

インソール を選ぶポイントはクッション性、形を矯正しない、入れると靴が窮屈になる点を注意しましょう。

 

 

変形性股関節症の方にとって足元は重要です。

 

 

自分に状態に合ったスタイルを選ぶようにしましょう。

 

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから