股関節痛

変形性股関節症を悪化させないためには体重コントロールも大切

変形性股関節症をこれ以上、悪化させないためには何をしたらいいだろう?

体重を増やさないようにと言われたが具体的に何をしていけばいいのだろう?

このページではこんなお悩みを解決していきます。

 

あかり
体重を増やさないっていっても食事コントロールってなかなか難しいよね。

 

しらひげ先生
股関節は身体を支えている大きな身体なので体重が増えると負担も大ききくなるよね。
食事の調整は宅配食を使うと便利だね。

 

 

✅本記事の内容

  • 適正体重を知って体重管理の目安にしよう
  • 食生活の見直しは栄養バランスが取れた宅配食がおすすめ
  • 体重管理を続けるコツは急に変えない、無理をしない

 

 

変形性股関節症を悪化させないためには体重コントロールも大切

股関節にかかる負担

股関節は体を支えている大きな関節です。

二本の脚で立っている時に片方の足にかかる負担は体重の約35%と言われています。

 

体重が60kgの人なら約21㎏。

さらに片脚立ちになった時は体重の3倍の負担がかかると言われています。

 

体重が60kgの人なら、なんと180㎏もの負担がかかります。

椅子から立ち上がる時や階段の上り下りで股関節が痛くなるのも納得できますね。

 

痛いから動かない?動かないから痛い?

股関節が痛くなるのは体重が増えたから?

それとも股関節が痛くて動かないから体重が増えた?

 

卵が先か?鶏が先か?みたいな話になりますが、

どちらにしても股関節痛と体重管理は切っても切り離せない関係のようですね。

 

理想の体重

では、理想の体重を再確認してみましょう。

 

身長(m)×身長(m)×22=適正体重

 

たとえば、1m70cmの方なら 1.7 ×1.7×22 = 63.58

63.58kg が適正体重となります。

 

適正体重自動計算(日本医師会HP)

 

この適正体重は年齢や筋肉量により多少の差はありますので目安として知っておくといいでしょう。

 

変形性股関節症を悪化させないための体重コントロールのやり方

食生活の見直し

ダイエットというと量を減らすイメージかも知れませんが、

急に量を減らすとストレスになってしまいますよね。

 

食生活の見直しの始めの一歩として「量を減らす」よりも「食事の質」を見直す方がハードルが下がります。

 

具体的にはスーパーのお惣菜よりも家で作る糖質の多い食材を減らす和食を増やすなど。

 

少し意識するだけでも出来そうですよね。

 

お菓子のながら食べには注意

体重管理をする上でお菓子のコントロールも重要です。

特にテレビを見ながらお菓子を食べるのが習慣化している人は注意しましょう。

もし食べるなら意識をお菓子に向けた方が美味しさを感じられますし食べ過ぎ防止にもなります。

 

理想の食事

栄養バランス、カロリー計算が考えられた食事で和・洋・中と色々と食べれたら最高ですよね。

しかし、栄養士みたいな知識も無ければ、本を見ながら毎回、カロリー計算をするのも面倒。

 

始めは気合い十分でやってみるも直ぐに辞めてしまいますよね。

 

そんな時に便利なのが宅配食です。

 

最近はダイエット用の宅配食もあるので栄養バランスやカロリー計算が面倒な方は宅配食を活用するのもおすすめですよ。

 

宅配食を使うメリット

  • 栄養バランスがいい
  • カロリー計算を考えなくていい
  • 調理をしなくていい、別で作らなくていい
  • 買物、準備、片付けなどしなくていいので自由な時間が増える

 

 宅配食を使うデメリット

  • 冷凍庫が一杯になる
  • 量が少ない
  • 飽きる
  • 宅配の時間がある
  • 人気商品は売り切れになることがある

 

おすすめ宅配食

BKitchen ーレンジで温めるだけのお手軽なお弁当

カラダが喜ぶ健康宅食【メディミール】 ー管理栄養士と医療専門チームが作る制限食

お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食

 

体重コントロールを続けるコツ

先ずは現状維持

残念ながらダイエットを始めても直ぐに成果は出ません。

極端なことをすれば直ぐに成果が出るかも知れませんが長続きしません。

 

場合によってはリバウンドで今まで以上に体重が増えることもあります。

なので、直ぐの成果を求めずに先ずは現状維持するところから始めて行きましょう。

 

急に大きく変えない

脳は急な変化を嫌います。

それは生命を維持するための本能的な反応です。

 

なので、急に〇〇だけ食べるダイエット、〇〇は食べない、いきなり激しい運動を始めるなど生活スタイルを急に大きく変えると続きません。

 

無理はしない

我慢強い方やストイックな方は頑張れるのでついつい無理をしがちですが積もり積もって爆発しないようにしましょう。

 

私は体重管理は習慣化しているので当たり前ですが考え方によっては一生続くので無理のないところから始めて行きましょう。

 

まとめ

股関節は体を支える関節で体重が増えるとかかる負担も大きくなるので変形性股関節症を悪化させないためには体重管理も大切です。

 

適正体重は年齢や筋肉量により多少の差はありますので目安として知っておくといいでしょう。

 

体重管理のやり方は「量を減らす」よりも「食事の質」を見直すなど急に変えないように徐々に慣らして行きましょう。

 

栄養バランス、カロリー計算が考えられた宅配食を使うのもおすすめです。

 

今日はここまで。

 

関連記事

股関節痛でお悩みの方へ。   当記事では、歩くのがツライさまざまな股関節痛について症状、原因、対処法についてまとめました。ご自身で症状を理解し自力で対処したい方は是非ご覧ください。   ●本記事の[…]

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから