股関節痛

【産後骨盤矯正】産後のあぐらはNG?骨盤をゆがませない座り方を解説

産後はあぐら座りをしないほうがいいと聞くけど本当かしら?

どんな座り方をしたらいいのだろう?

正しい座り方ってどんな座り方だろう?

このページではこんな疑問にお答えしていきます。

 

 

あかり
授乳で座る時間が長く座っていると腰が痛くなるの。いったいどんな座り方をすればいいのだろ?

 

しらひげ先生
産後は骨盤がグラグラな状態なので極力あぐら座りは避けた方がいいですよ。

 

 

✅本記事の内容

  • 産後の骨盤はグラグラなので負担のかけるあぐら座りは避けよう
  • 正しい座り方とNGな座り方
  • 円座が神
  • 骨盤は閉めるのではなくて動かして引き締めよう

 

産後のあぐらと骨盤について解説

産後は骨盤がグラグラ

出産時、リラキシンというホルモンにより骨盤周辺のじん帯が緩み産道が広がります。

このリラキシンの影響により産後1〜2ヶ月は骨盤がグラグラな状態です。

 

また、出産が長時間だった方や子供さんが大きかった方は出産時に骨盤に負担をかけています。

このような状態であぐら座りは骨盤を傷めてしまう可能性があります。

 

もともとあぐらは骨盤に負担をかける

産後でなくてもあぐら座りは骨盤に負担をかける座り方です。

具体的にはあぐら体制になると骨盤が後ろに倒れた状態になります。

 

すると、尾骨が床に当たります

 

すると骨盤の関節である仙腸関節に負担がかかり腰痛産後の骨盤周辺のトラブルの原因になります。

 

なので、産後しばらくはあぐら座りは極力しないほうがいいでしょう。

 

授乳時に気をつけたい骨盤を歪ませない座り方

椅子に正しく座る

 

正しい座り方って知っていますか?

改めて聞かれると意外と知らないないですよね。

 

【正しい座り方の手順】

  1. 椅子に深く座る
  2. 脚を肩幅ぐらいに広げる
  3. 足先がやや内股
  4. おじぎをするように体を前に倒す
  5. アゴをあげるように顔だけを起こす
  6. その状態から天井を見るようにゆっくりと体を起こしていく
  7. 真上が見えたらストップ
  8. ゆっくりとアゴを引く
  9. 胸を張って、アゴを引いて、坐骨で座っている状態
  10. 骨盤に負担をかけない座り方の完成

 

ポイントは坐骨で座っていて軸が通った感じで上半身が骨盤に乗っている状態です。

 

 

 

関連記事

しらひげ先生 症状を改善していく中で日常の座り方はとても重要なポイントになります。   あかり 座っているだけで悪くなるの? […]

 

こんな座り方はNG

  • 横坐り
  • 立膝
  • ぺちゃ座り
  • 脚を組む
  • 長座

ほとんどの座り方がダメですね…。

そうです。

 

骨盤は座るに耐えれる作りにはなっていません。

しかし、昔は床生活でみんなあぐらや長座をしていたと思いますよね。

 

それは、その当時は今のような便利な乗り物が少なく、今以上に歩く習慣があり骨盤が丈夫だったので骨盤に負担をかける座り方をしても耐えれる体でした。

 

円座を使おう

もし、どうしても床に座る生活や正しく座るのが大変な方に朗報です。

 

円座を使いましょう。

 

円座は真ん中の穴の空いたところに尾骨が入るようになっているので多少、良くない体勢で座っても骨盤の関節である仙腸関節に負担がかかりにくくなっています。

 

産後は腰痛や不具合がなくてもグラグラな状態なので円座を活用する方がいいでしょう。

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。 出産に向けての準備をしていく中で「円座クッションが必要」と聞くが本当に必要なのだろうか? もし必要だとしたらどんな円座クッションを選べばいいのか? このページではこんなお悩みを解決していきます。[…]

 

自分でできる産後骨盤矯正

産後の骨盤の歪みとは?

よく産後の骨盤矯正と言いますが産後の骨盤のゆがみとはいったいどのようなものでしょう。

出産後に骨盤がズレるかと言うとそうではありません。

 

ズレると脱臼です(笑)。

 

骨盤の動きが悪くなったりグラグラな状態をズレると表現していると思います。

 

さらしは素晴らしい

非常に面倒ですがその性能は抜群です。

 

やはり、昔からあるものは素晴らしいですね。

 

関連記事

妊娠も中期になり少しずつお腹も目立ち始め、最近では腰痛や恥骨の痛みを感じはじめたわ。 妊娠中はさらしを巻いた方がいいと聞くけどどうやって巻いたらいいのか? コルセットタイプとさらしとどちらがいいの? こ[…]

 

ウオーキングで骨盤矯正とダイエット

骨盤矯正で大切なことは閉めるよりも動かして引き締めること。

押したり縛ったりしたら閉まると思いがちですがそうではありません。

 

ボディスーツでもそうですよね。

ボディスーツを着けると体が引き締まるのは着けているその時だけで脱ぐと戻りますよね。

 

骨盤も同じです。

体を引き締めるには筋肉を動かすように骨盤を引き締めるには動かすこと。

 

その中で産後のグラグラで不安定な状態でも極力負担をかけないのがウオーキングです。

 

ウオーキングは日常生活の延長線上なので負担は少ないですよね。

加えてダイエットにもなり一石二鳥です。

 

まとめ

産後は骨盤が不安定な状態なのであぐらは座りは極力避けましょう。

上半身が坐骨に乗っている状態が正しい座り方です。

 

授乳時など長く座るときは骨盤に負担をかけないように正しく座りましょう。

どうしても床座り生活の人は円座を活用しましょう。

 

骨盤はズレたりするわけではありません。

動かして引き締めることが大切です。

 

ウオーキングで動かせば骨盤に負担が少なく引き締め効果とダイエット効果も期待できます。

 

是非、やってみてください。

関連記事

しらひげ先生 骨盤の動きを良くするのにおすすめの運動はウオーキングだよ。   あかり 歩く時はかかとから? どんなことに気をつけたらいいのだろう? […]

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから