妊娠後期・産後の脚のしびれ【坐骨神経痛】について解説

  • 妊娠の後期になって脚のしびれが出てきた。
  • 出産してから脚のしびれを感じるようになった。
  • 改善するにはどんなことに気を付けたらいいだろう?

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

産前産後は、子供の成長やホルモンの影響により体に、さまざまな変化が現れます。

 

ある日、突然、ビリビリと脚にしびれが現れる、坐骨神経痛も、産前産後に起きるトラブルの代表的な症状の一つです。

 

●産前産後の脚のしびれの原因

  • 産前:子供の成長により、腰に負担がかかり、周辺神経を刺激して起こる。
  • 産後:出産による体への負担、骨盤がグラグラ、育児中の不良姿勢

 

ということで、今回は、妊婦後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」について解説していきます。

 

産前産後は、さまざまなトラブルが、起こりやすい時期ですが、お薬や電気、整体などの処置が行えない時期でもあります。

 

なので、日常生活での姿勢や座り方を意識することが、一番の改善、予防になります。

 

産前産後の脚のしびれのセルフケアができるように、整体歴20年の私が分かりやすく解説していきますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎人気記事:「坐骨神経痛」と「腰椎椎間板ヘルニア」の違いって?(見分ける4つのポイント)

 

「妊娠後期」の脚のしびれ「坐骨神経痛」の原因

 

妊娠後期の脚のしびれの原因は、次の2つがあります。

 

  • 子供の成長により、腰に負担がかかり、周辺神経を刺激
  • 腰椎椎間板ヘルニア

 

それぞれ、解説しtれいきますね。

 

子供の成長により、腰に負担がかかり、周辺神経を刺激

 

妊娠後期になると、子供の成長により、腰の負担かかかります。

 

具体的には、本来、身体は「骨盤」で支えているのですが、お腹が大きくなると、腰で支えるような姿勢になります。

 

すると、腰周辺の神経が刺激されて、脚にしびれがいきます。

 

特に、妊娠前に、ヒールを履く習慣があった、デスクワーク(座りっぱなし)、運動不足の人に現れやすいです。

 

あかり
腰に負担をかけると、脚にしびれが起きるんだね。

 

しらひげ先生
脚に通る神経のはじまりは、腰にあるからね。

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

妊娠後期の脚のしびれの原因の一つに、腰椎椎間板ヘルニアがあります。

 

腰椎椎間板ヘルニア、若い世代に起こりやすい症状です。

 

理由は、年齢が若いと椎間板が「ぷにゅぷにゅ」と、柔らかく、負担をかけると飛び出やすいからです。

 

具体的には、上記の繰り返しになりますが、本来、身体は「骨盤」で支えているのですが、お腹が大きくなると、腰で支えるような姿勢になります。

 

この、腰で支える姿勢の時に、力が一点に集中する状態だと、椎間板ヘルニアを起こしやすくなります。

 

また、妊娠前にもともと、椎間板ヘルニアがあったものが、再発したり、悪化する場合もあります。

 

あかり
よく動いているけど、力が一点に集中するの?

 

しらひげ先生
よく動いていても、身体のクセによって、無意識のうちに、力が一点に集中する状態になっていることもあるよ。

 

▶︎産後太りでお困りなら:産後ダイエット専門オンラインジム【mamaトレ】

 

「産後」の脚のしびれ「坐骨神経痛」の原因

 

産後の坐骨神経の原因は、次の3つです。

 

  • 出産による体への負担
  • 骨盤がグラグラ
  • 育児中の不良姿勢

 

それぞれ、解説しますね。

 

出産による体への負担

 

出産時は、骨盤が最大限に広がります。

 

すると、骨盤周りや腰周辺の神経を刺激して、しびれが起こります。

 

骨盤がグラグラ

 

産後は、ホルモンの影響により1.5〜2ヶ月ほどは、骨盤がグラグラの状態です。

 

身体の土台となる骨盤がグラグラだと、腰に負担がかかります。

 

すると、腰周辺の神経が刺激されて、しびれを起こします。

 

育児中の不良姿勢

 

出産後、1.5〜2ヶ月ほどはホルモンの影響により、骨盤がグラグラの状態です。

 

出産後、5日ほど過ぎると退院し、家に帰ると、家事、育児がはじまります。

 

特に、授乳やオムツ交換の姿勢は、腰に負担がかかりやすく、周辺神経を刺激すると、しびれを起こします。

 

妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」の対処法

 

産前産後のしびれの対処法は、次の2つです。

 

  • さらしを巻く
  • 正しく座る

 

それぞれ、解説していきますね。

 

さらしを巻く

 

産前産後のしびれ対策には、さらしがおすすめです。

 

理由は、さらしを巻くことで、骨盤が安定し、腰にかかる負担が減ります。

 

具体的には、骨盤したから支えるように、ウエストのやや下辺りに、さらしを巻きましょう。

 

強く締めすぎないように、さらしを転がすように巻きましょう。

 

関連記事

妊娠も中期になり少しずつお腹も目立ち始め、最近では股関節や腰の痛みを感じはじめたわ。 妊娠中はさらしを巻いた方がいいと聞くけどどうやって巻いたらいいのか? コルセットタイプとさらしとどちらがいいの? […]

 

参考動画:さらしの巻き方について動画で解説

 

正しく座る

 

産後に限ったことではないですが、産後は骨盤がグラグラなので、特に正しく座りましょう。

 

正しく座ることで、腰にかかる負担を、軽減することが出来ます。

 

正しく座るためのサポートとして、「円座」を使うのもおすすめです。

 

円座を使うと、骨盤を立てた状態をキープしやすく、腰への負担を、軽減することが出来ます。

 

関連記事

産後に円座はいいの? 産後の腰痛におすすめの円座を知りたい。 円座を選ぶ時のポイントを知りたい。   今回は、こんなお悩みを解決していきます。   産後は、ホルモンの影[…]

 

妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」の注意点

妊娠後期、産後の脚のしびれの時の注意点は、次の2つです。

 

  • 強く押したり、揉んだりしない
  • 乗り物

 

それぞれ、解説しますね。

 

強く押したり、揉んだりしない

 

妊娠後期・産後は、強く押したり、揉んだりしないように注意しましょう。

 

理由は、骨盤がグラグラだからです。

 

具体的には、しびれが出るのは、「身体や骨盤のゆがみ」が原因だから、ゆがみを整えようと、整体やマッサージに行こうとします。

 

しかし、ホルモンの影響により、骨盤がグラグラになっているので、この時期はゆがみを整えても、あまり効果的ではありません。

 

また、骨盤がグラグラなので、整体やマッサージなど強い刺激は、症状を助長することもあるので、注意しましょう。

 

あかり
施術を受けたからと言って、必ずゆがみが戻る訳でもないんだね。

 

セルフケアで、負担をかけないように、する方が大切です。

 

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。   このサイトでは整体師が身体に関する情報を発信しています。 あかり 産後は、みんな骨盤矯正に行くようだけど、本当に効果が、あるのかな?   &[…]

 

関連記事

こんにちは、しらひげです。 このサイトでは整体師が股関節痛や身体に関する情報を発信しています。   あかり 骨盤がズレている気がするのだけど矯正した方がいいのかな? し[…]

 

乗り物

 

妊娠後期・産後は、乗り物に注意しましょう。

 

理由は、車や自転車などの乗り物は、揺れたり、凸部での衝撃が骨盤に負担をかけます。

 

やはり、妊娠後期・産後は骨盤はグラグラなので、ちょっとした衝撃でも、繰り返えすと、骨盤や腰骨に負担をかけてしまいます。

 

なので、妊娠後期・産後で脚にしびれがある時は、乗り物に注意しましょう。

 

妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」まとめ

 

今回は、妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」について、解説してきました。

 

しらひげ先生
本記事の要約だよ。

 

●「妊娠後期」の脚のしびれ「坐骨神経痛」の原因

  • 子供の成長により、腰に負担がかかり、周辺神経を刺激
  • 腰椎椎間板ヘルニア

●「産後」の脚のしびれ「坐骨神経痛」の原因

  • 出産による体への負担
  • 骨盤がグラグラ
  • 育児中の不良姿勢

●妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」の対処法

  • さらしを巻く
  • 正しく座る

●妊娠後期・産後の脚のしびれ「坐骨神経痛」の注意点

  • 強く押したり、揉んだりしない
  • 乗り物

 

関連記事

坐骨神経痛と腰椎間板ヘルニアって何が違うの? 坐骨神経痛と腰椎間板ヘルニアの違いを見分けるポイントは? ヘルニアって手術をしないといけない?   今回は、こんなお悩みを解決していきます。 […]

 

▶︎産後太りでお困りなら:産後ダイエット専門オンラインジム【mamaトレ】

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから