股関節痛

産後のツライ腰痛を改善する方法

こんにちはしらひげです。

産後の腰痛がツライ・・・。

腰が痛くて布団から起き上がれない。

腰が痛いけど育児や家事は休めない。

こんなことで困っていませんか?

このページでは産後のツライ腰痛を改善する方法について解説していきます。

産後のツライ腰痛を改善する方法

授乳時の姿勢とクッション

いろいろと使える授乳クッションは一つあると便利です。

産後の腰痛の大きな原因は授乳時の姿勢です。

授乳時は前かがみで長時間の同じ姿勢になるのでとても腰に負担がかかります。

また子供が大きくなればさらに腰に負担がかかります。

予防法としては枕やクッションを子供の下に入れることで腰にかかる負担を軽減できます。

我が家では授乳クッションを購入しました。

授乳時にはもちろん、抱き枕として、子供のイスとして、子供の寝返り時の壁にぶつからないようにクッションとしても活躍しています。

幅広く使えるので一つあるととても便利です。

 

円座

円座が神です。

授乳をするときは腰を丸めて座ることで骨盤に負担がかかります。

とくに尾骨部分で座ると骨盤を傷めてしまい、ぎっくり腰の原因にもなります。

おすすめは円座です。

円座を使うことで骨盤にかかる負担を軽減することができます。

さらし

コルセットよりもさらしを巻こう。

産後2ヶ月ほどはホルモンの影響により骨盤が不安定な状態です。

この時期に骨盤に負担をかけることでいわゆる、産後の骨盤の歪みを作ってしまいます。

不安定な骨盤を保護するのにおすすめは「さらし」です。

よく産後は「コルセットで骨盤を締める」と言われたりします。

確かにコルセットで便利ですが不安定な骨盤を締め付けてしまいます。

また必要以上に骨盤の動きを制限してしまうのも腰痛の原因になります。

 

ウオーキング

産後は忙しくても積極的にウオーキングに行きましょう。

育児や家事などをしていると1日があっという間に過ぎてしまいます。

バタバタと忙しいけど同じ動作の繰り返しで実は身体はあまり動いていません。

新しい自転車でも使わずに置いておくとサビついて動かなくなってしまいます。

ウオーキングで体を動かすことで腰痛改善、骨盤の引き締め、産後のダイエットとさまざまなメリットがあります。

前抱っこよりおんぶ

前抱っこよりもおんぶをしましょう。

最近の流行りは前抱っこのようですがこれも前かがみ姿勢になり腰に負担をかけてしまいます。

確かに子供の顔が見えて安心ですが腰に負担がかからないのはおんぶです。

また前抱っこだと子供は常に「後ろ歩き」をしている状態で成長発達を考えてもおんぶがおすすめです。背中の温もりを感じながらのおんぶはどこか懐かしいですね。

我が家の愛用の抱っこ紐は「キューズベリー」です。

フィット感が抜群です。

一緒にハイハイ

ハイハイは骨盤、股関節の動きをだしてくれるので腰痛改善にはおすすめです。

ハイハイすると子供と同じ目線でコミュニケーションが取れるのでおすすめです。

 

反り返り運動

育児は前かがみ姿勢が多く腰ほねが前かがみで固まってしまうと腰痛の原因になります。

なので背骨をしなやかにする運動がおすすめです。

日常生活で腰を反らすことはほとんど無く徐々に背骨のしなやかさがなくなってしまいます。

なので背骨の関節を動かして背骨がしなやかに動くことが大切です。

やってはいけない3つのこと+1

自転車

自転車は下からの押し上げの刺激で骨盤を傷めてしまいます。

特に産後はホルモンの影響や活動量の低下で骨盤が不安定なためできる限り自転車は避けた方がいいでしょう。

よこ座り

授乳やおむつ交換など座ることが多く習慣になっている方は無意識によこ坐りになっていると思いますが、骨盤が不安定な時期によこ坐りをすることで産後の骨盤のゆがみの原因を作ってしまいます。

コルセット

産後は骨盤が不安定で腰痛を感じる方も多いですが、

ギックリ腰同様にコルセットをつけると骨盤、

腰ほねの安定性を出すことはできますがコルセット頼りの身体になってしまうのでお勧めしません。

番外編

赤ちゃんはある程度は泣かそう。

・・・。

なぜなら、泣くことでろっ骨や周辺の筋肉を刺激したり、呼吸器系の運動をしているからです。

特にはじめての子育てはわからないですことだらけで不安になることもあると思いますが子供をよくよく観察して身体の成長という視点から見てあげることも大切ではないでしょうか。

まとめ

産後は骨盤が不安定だが骨盤や腰に負担がかかる動きが多いので、

授乳クッションや円座などを使って負担を軽減させたりすることが腰痛改善に繋がる。

またウオーキングやハイハイ運動などで身体を動かすことも大切。

自転車やよこ坐りなどは産後の骨盤のゆがみの原因になるので控えるようにしましょう。

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから