座ると痛い坐骨神経痛の原因と対処法について解説

あかり
お尻から脚にかけて電気が走るような痛みが出る。
しらひげ先生
いわゆる坐骨神経痛かな?
あかり
何もしていないのに急に痛みが出てきた。
何が原因なのだろう?
しらひげ先生

実は坐骨神経痛と座り方は大きく関係していて、

症状を改善するのも、予防するのも座り方が重要です。

そんな坐骨神経痛について解説していきますね。

 

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は腰から足先まで続く長い神経で、

腰やお尻で神経を刺激したり圧迫したりすると、

痛みやシビレなどの症状が現れます。

 

特徴としてはズキズキ、ピリピリと電気が走る痛みやしびれが現れます。

 

その症状はお尻に症状が出る人もあれば、

ふくらはぎに出る人もいます。

 

また、痛み症状の人もいれば、

シビレが出る人もいてさまざまなです。

 

坐骨神経の原因は?

坐骨神経の原因は大きく2つに別れます。

腰椎の問題

椎間板ヘルニア脊柱管狭窄すべり症分離症など、

腰骨に問題があり神経を刺激して症状が出ている。

 

この場合、病院でレントゲンやMRI検査を受ければ問題が見つかります。

 

参考記事:レントゲンもMRI検査も異常なし。足の痛みの原因は?

 

病院の検査で問題が無い場合

病院で検査を受けたが骨に異常が見られないが痛みやしびれがある人は、

お尻の筋肉で神経を圧迫している、腰椎のねじれや傾きにより、

神経を引っ張ってることが原因になります。

 

この場合、姿勢や身体のくせ、座り方などが問題になります。

 

スポンサーリンク

坐骨神経痛を和らげる正しい座り方

骨盤を立てる

坐骨神経の原因に腰椎のねじれや傾きを作らないためには正しく座ることが大切です。

そのためには土台の骨盤で真っ直ぐ座ることが大切です。

 

真っ直ぐに座るには坐骨で座るようにしましょう。

坐骨は座った時に左右のお尻の下に触れる骨です。

 

胸を張って、アゴを引く

胸を張ってアゴを引くことで背骨のS字のカーブを作ることができます。

座る時は背骨のS字のカーブも意識しましょう。

 

肩甲骨を寄せる

肩甲骨を寄せることで胸が張りやすくなります。

デスクワークで座っている時に猫背になるクセがある人は、

肩甲骨を寄せるのを意識すえるといいでしょう。

 

左右均等に体重を乗せる

無意識のうちに片方のお尻に体重が乗っていませんか?

 

例えば、パソコンが正面でなかったり、

肘掛けに肘を置く癖があったりするとお尻に均等に体重は乗っていません。

 

左右均等ではなく偏って座ることでバランスを取るために

背骨は捻れや傾きを作ります。

 

思い当たる方は作業環境の見直しからしてみましょう。

 

参考記事:骨盤に負担をかけない正しい座り方について解説

 

やってはいけない座り方

床座り

床に座ると骨盤が後ろに倒れ腰が丸く曲がった猫背の状態になります。

 

この状態が習慣化すると猫背姿勢になり、

坐骨神経痛の原因になるので気をつけましょう。

 

横座り

日常で横す座りをしていると、

身体のゆがみを作るので気をつけましょう。

 

習慣化している人は無意識に横座りをしているので、

思い当たる方は少し意識してみてください。

 

乗り物

車、バイク、自転車などの乗り物は細かい振動で骨盤が揺らされて、

ネジが緩んだような状態になります。

 

この状態になると骨盤が不安定になり、

坐骨神経を起こしたりします。

 

バス、タクシー、重機などはエンジンが大きく振動が大きいのと、

お仕事なので長時間、繰り返しになるので気をつけましょう。

 

歩き方や靴にも注意

歩き方にも身体のクセがでます。

ほとんど人は日常生活で何かしら脚を使って動いたりしますよね。

 

だからこそ歩き方も重要です。

が、歩き方はクセなので急には変わりません。

 

見るべきポイントは「靴」です。

 

靴底がすり減っている

靴は消耗品です。

見た目はキレイでも靴底がすり減っているものは、

買い換えるか修理にだしましょう。

 

すり減った靴を履いているだけで身体に歪みができます。

 

その状態で長時間、歩いたり日常を過ごすことで、

身体はさらなるゆがみを作っていきます。

 

一度、よく履く靴の後ろを見てみましょう。

 

靴底が硬い

いわゆるビジネスシューズですね。

 

靴底が硬いとクッションが弱いので身体への負担が大きくなります。

すると、足や膝、股関節に痛みを起こしやすくなります。

 

その痛みをかばってゆがみを作っていきます。

 

もし、仕事上で指定の靴が決まっているなら、

クッション性のあるインソールを入れるだけでも予防はできます。

 

参考記事:失敗しない変形性股関節症の方のインソールの選び方

 

靴がヨレヨレ

長年、履いている靴は履き慣れていて履きやすかも知れませんが、

ヨレヨレになっている靴は履き替えましょう。

 

特にかかとのところが破れたり踏んで折れているような場合は買い換える方がいいでしょう。

歩く時にかかとがしっかりとしていることで歩行の安定性がでます。

 

参考記事:歩行を楽する靴選び方

 

妊婦さんの坐骨神経痛と対処法

妊婦さんは子供が大きくなるにつれて骨盤が広がり、

腰を反った状態になるので坐骨神経を起こやすくなります。

 

床座りや横座りは控えて、座る時はイスに座るようにしましょう。

 

まだお腹が大きく無くても妊娠中は

ホルモンの影響で骨盤が不安定な状態なので十分に気をつけましょう。

 

妊婦さんの坐骨神経を予防する方法を2つ紹介します。

円座使う

妊娠中はホルモンの影響で骨盤が不安定なので

座るさいは円座を使う方がいいでしょう。

 

また、出産後も数ヶ月は骨盤が不安定な状態で

授乳などで長時間座ることになるので円座は持っておくべきでしょう。

 

 

さらしを撒く

現在では戌の日に安産祈願として巻くぐらいですが、

さらしを撒くと骨盤が安定するのでおすすめです。

 

コルセットタイプのさらしの方が便利なのですが、

ゴムは締め付けで骨盤を圧迫するのでさらしをおすすめします。

 

参考記事:妊娠中の股関節痛や腰痛にはさらしがおすすめな理由

参考動画:さらしの巻き方について動画で解説

 

坐骨神経痛の対処法は?

坐骨神経の原因には背骨の動きが硬くなって、

固まっている状態があります。

 

背骨のねじれや傾きもその一つですね。

 

背骨や関節使わなければサビ付いて動きが悪くなってしまいます。

日常生活で前かがみになることはあっても後ろに反り返ることは少ないです。

 

背骨の柔軟性を取り戻すには関節の動きを意識した運動が重要です。

 

背骨を柔軟にする運動はこちらをご覧ください。

 

まとめ

坐骨神経とはお尻から足先の広い範囲で痛みやしびれなどを生じる疾患です。

 

原因としては腰椎の問題がある場合と、

レントゲン検査では異常がない場合の2つに分かれる。

 

レントゲン検査では異常がない場合は、

姿勢や身体のくせ、座り方などが問題となり日常生活での座り方はが重要になる。

また、靴も見直すべきポイントとして重要です。

 

正しく座るポイントは、

  • 骨盤を立てる
  • 胸を張ってアゴを引く
  • 肩甲骨を寄せる
  • 左右均等に体重を乗せる

 

妊婦さんはホルモンの影響で

骨盤が不安定な状態なので坐骨神経痛になりやすい。

予防ほうとしては円座やさらしを活用しましょう。

 

坐骨神経痛は一般的に多い疾患です。

症状を起こしてからではなくならないように日頃から十分に注意しましょう。

 

【体験談】つらい腰痛を改善するおすすめの運動は「ウオーキング」です

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから