股関節痛

腰痛持ちの人でも簡単にできる運動不足解消法をご紹介

腰痛を改善するのに運動不足だと分かっているが何からしたらいいのか分からない。

運動をはじめてみるが長続きしない。

このページではこんなお悩みを解決していきます。

当院に来られた運動不足による慢性腰痛の方が

運動をはじめて腰痛が改善した体験談を交えてご紹介していきます。

(患者=Gさん)

 

 

運動不足チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?

  1. よくつまずく
  2. 出掛けるとすぐに休憩をしたくなる
  3. 座って仕事をすることが多い
  4. いつも自転車を利用している
  5. 運動靴を持っていない
  6. 一年以内に体重が3㎏以上増えた
  7. 立って靴下が履けない
  8. 一日平均6000歩以下
  9. 軽い運動をするとすぐに筋肉痛になる
  10. 近距離でもバス、タクシーを利用する

 

3つ以上当てはなる方は運動不足の可能性が高いです。

 

腰痛持ちの人でもできる運動不足解消法

おすすめの運動3選

・ラジオ体操

・ウオーキング

・わざわざ歩く、動く

 

どれも簡単にすぐにはじめられる運動です。

また腰痛持ちの方でも無理なくはじめられる運動です。

それぞれ具体的に説明をしていきますね。

 

ラジオ体操

ラジオ体操は動きのある中で身体を動かす動的ストレッチで全身を使う運動なのでおすすめです。

もともとは「国民健康体操」として発案されたようでいろいろ関節や筋肉を使うように考えられています。

運動をするポイントとしては

・大きく動かす

・しっかりと止める

です。

短い時間ですがしっかりすると結構、しんどいです。

日頃の運動不足の方は結構しんどいです。

 

最近では15時の休憩に行う会社もあるようです。

Gさんは会社の朝礼でラジオ体操があったがそんな真剣に取り組んでいませんでした。

と、言うよりも真剣にしている人はいないようです。

私の話を聞いてからはじめは恥ずかしかったけど、

やりはじめてから何となく身体の調子が良くなり、

今では周りの目を気にせずされています。

是非、やってみてください。

 

ウオーキング

ウオーキングは何と言っても手軽にはじめられるのがメリットです。

もちろん効果も大です。

運動を始めるのにスポーツクラブに通うとなるとお店選び、入会手続き、機械操作の説明、スポーツクラブに行く手間・・・。

運動を始めるまでに莫大な時間と労力を費やします。

準備が整った頃には疲れきってめんどくさくなる経験はありませんか?

ウオーキングなら今すぐはじめられます。

毎日、行っている動きの延長線の動きなので誰でもすぐにはじめられます。

またウオーキングは腰に負担が少なく骨盤や背骨、股関節などを効果的に動かせるので腰痛を改善する上でも大切な運動です。

Gさんもスポーツクラブは数回の入退会歴がありました。

今回は週に3回を目安に仕事帰りに一駅手前で降りて歩く時間を確保ようにされました。

 

わざわざ歩く、動く

  • 駐輪場は一番遠くに置く
  • 時間があれば遠くのスーパー
  • エスカレーターは使わない
  • 積極的に家の掃除
  • 広いモールは端から端まで見て歩く
  • 待ち合わせは早めに着くようにして周辺を散策
  • 歩数計を見て励みにする
  • 道に迷っても運動、運動とポジティブに捉える

 

運動不足の方は日頃から動く習慣がなかったりするので、

とにかくちょっとしたことでも動くようにGさんにも提案をしてみました。

本当にちょっとしたことですが日々の積み重ねはとても大きいです。

まさに継続は力なりですね

 

腰痛バイバイ、運動不足を解消する習慣

運動不足を解消するには運動を習慣化し継続することです。

習慣化するポイント

  • 急にたくさんやらない
  • 毎日することに紐付ける(歯磨きしながらスクワット)
  • 人に宣言して周りの助けを得る
  • 協力者に報告する
  • 一つでもいいので毎日する
  • 自分で自分を褒める
  • やったことのメモを取る
  • やらないことを決める
  • ウオーキングを買う
  • 言い訳をしない。自分のため。

 

など、習慣化することで動ける身体となり結果、腰痛も改善していきます。

Gさんは毎日することに紐付けて毎日一つを実行するようにし少しずつ習慣化されました。

 

まとめ

腰痛持ちの人でもできる運動不足解消法のおすすめは、

・ラジオ体操

・ウオーキング

・わざわざ歩く、動く

 

運動不足を解消するには運動を習慣化し継続することです。

先ずは今日から始めてみましょう。

 

人気記事

歩くのも大変だった股関節痛がどのようにして改善していったのか?をインタビューしてみました

詳細はこちらから